年賦・半年賦の違い・知っておきたい事

お金を借りるときに重要になってくるのはその仕組みです。
今回はお金を借りるときに重要になってくる年賦・半年賦を紹介していきます。
いったいどんな意味を持っているのでしょうか?

お金を借りると発生してしまう利子

お金を貸したら利子や手数料を負担して返さなければいけません。
キャッシングやクレジットカード、金融機関などでお金を貸した場合はこれが基本的な考えになります。

お金を貸したら、契約を結んだときに返済方法を決めて行うのが一般的です。
この返済方式にはいくつかの方法があります。一括返済と分割返済です。年賦・半年賦はこの分割返済に含まれる返済方式です。

年賦・半年賦の違い

年賦と半年賦にはどんな違いがあるのでしょうか?

答えは、支払い期間です。賦は1年に1回支払うのに対して、半年賦は半年に1回の支払いをします。支払い回数に違いがあるのです。

年賦にしろ半年賦にしろ毎月の支払いはありません。
サラリーマンでいえばボーナス、農家の人でいえば収入が一番大きくなる収穫期の後などに年賦や半年賦の支払いが発生します。
この時が一番まとまった支払いができるからです。

年賦や半年賦のリスク

クレジットカードやキャッシングと違い年賦はまとまったお金が入るボーナス時などに支払をするので非常に便利です。
しかし、気をつけないといけません。

普通のキャッシングやクレジットカード以上に年賦や半年賦は支払い期間にシビアな面があります。
これにより1年に1回や2回の支払いができるようになっているのです。
もし、支払いができなくなると大きなトラブルのもとになってしまうので注意してお金を準備するようにしましょう。

年賦や半年賦は上手に活用すれば、ほしかった高い買い物を実行することができます。
まとまった収入がある期間だけの支払いなので負担も少なくて済みます。

しかし、油断すると支払いが出来なくなってしまう可能性もあるので、年賦や半年賦の利用は十分に検討してからにしましょう。

プロミス

関連記事

  1. お金を借りるうえで知っておきたいみなし弁済・みなし利息

  2. 回収規制によるこれからの業界・回収規制の基本的な情報

  3. ヤミ金融の見分け方を教えて下さい。

  4. キャッシングを利用すると、何か不利になることはありますか?

  5. クレジットカードのコーポレートカードって何?

  6. 信販会社っていったい何?

新着記事

新着記事

PAGE TOP