キャッシングの申込みの際に必要な書類などは?

キャッシングを申し込むためには、いくつかの必要書類を用意しなければなりません。
書類には本人を確認する「本人確認書類」や「収入証明書類」が必要ですが、こうした書類を契約のときに用意する必要があります。
ここでは、キャッシングの契約で必要になる本人確認書類と収入証明書類について、さらにそれぞれの書類が必要になるタイミングについてレクチャーします。

本人確認書類と収入証明書類

キャッシングの審査では、契約者本人が実在の人物であるかどうかを確認するため、またどのようなものであるかを確認するために、本人確認書類を提出しなければなりません。

  • 本人確認書類は本人の立場を証明できるもので、運転免許証、保険証、パスポートなどがこれに該当します。

  • 外国人の方が申込みを行うときは、在留カードや特別永住者証明書を提出することで本人確認を行うことができます。

    なおインターネット契約の場合は実物で書類の提出を行う必要がありませんが、カメラで書類を撮影して送信しなければならないので、そのためのカメラ付き携帯電話やデジタルカメラを用意しなければなりません。
    さてもう一つの書類である収入証明書類ですが、これは文字通り本人の収入額を証明できる書類のことです。
    収入額はキャッシング審査の重要な基準になるので、こちらも本人確認と合わせて必ず用意しなければならない書類の一つです。
    本人確認書類は提出する書類に選択肢がありますが、どの書類を提出するかによって限度額が変わってくる可能性もあるので、その点も前もって調べておくようにしてください。

    • 収入を証明できる書類としては、給与明細書をはじめ、確定申告書、源泉徴収票などがあります。

    • こうした書類で、申込者に安定した収入があるかどうかをチェックします。
      ちなみに、借りる金額が50万円以下の場合は、源泉徴収票などの収入証明書類を提出する必要はありません。

      • 収入証明が必要になるのは、借入金額が50万円以上になる場合です。

      • 書類が必要になるタイミング

        それぞれの書類が必要になるタイミングは、どんな方法でキャッシングの申込みを行うかによって変わります。
        店頭窓口で契約する場合なら、手続きを全て窓口で行うことになるので、その時に書類一式を全て提出します。
        自動契約機を使う場合も、店舗に足を運んだ際に書類の読み込みを行いますが、機械の指示に従って順番に読み込みを行うことになります。
        郵送契約を行う人もいますが、その場合は金融業者に申込みを行うときに必要書類も一緒に送付します。

プロミス

関連記事

  1. カード紛失したらどうなる?カード盗難保険を活用しよう!

  2. 派遣社員でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  3. 審査が通らない職業はありますか?

  4. CICとは何ですか?

  5. キャッシング審査に落ちる原因を教えて下さい。

  6. 短期金利 とは?短期金利の構造について

新着記事

PAGE TOP