銀行やコンビニのATMでキャッシングの申し込みはできますか?

銀行ATMやコンビニATMを使って、手軽にキャッシングの申込みがしたいと考えている人もいるかもしれません。
銀行ATMもコンビニATMも、どちらもキャッシングの世界では頻繁に活用されているものです。
しかし、キャッシングに関してはATMでできることとできないことがあるので、それを前もって確認しておかなければなりません。

消費者金融はATMでの申込みができない

消費者金融キャッシングを利用する人は、次の点を覚えておいてください。
すなわち、消費者金融ではATMから申込みを行うことができないということです。
消費者金融でお金を借りる場合は、インターネット、自動契約機、店頭窓口のいずれかによって申込みしなければならず、ATMから行うことはできません。
コンビニATMでキャッシングの借入をしている人がいるではないかとおっしゃるかもしれませんが、それは契約後にカードをー使って出金しているだけであって、契約の申込み自体はATMで行うことはできません。

  • なぜなら、ATMはお金の引き出しや預け入れには対応できますが、審査したり書類を確認することはできないからです。

  • したがって消費者金融で借入をするときは、最初に窓口や契約機を使って申し込みをしなければなりません。
    審査通過後、カードを発行してもらったら、そのカードを使ってATMから借入ができるようになります。

    出金・返済はATMでできる

    キャッシングの契約の申込みはATMで行うことはできませんが、借入や返済ならATMで行うことができます。
    銀行の場合は店舗のATMから、消費者金融ならコンビニATMから、24時間いつでも好きなときに出金することができます。
    もちろん、コンビニATMを利用する場合は、自分が契約した消費者金融が提携しているコンビニでなければなりません。
    セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど全国チェーンのコンビニがいくつかありますが、大手どころはほとんどが消費者金融と提携しています。

    このように、よく利用するコンビニで出金・返済ができるのは便利ですが、一つだけ注意しておきたい点があります。

    • それは、提携ATMで取引を行う場合、手数料をとられてしまうことです。

    • 手数料の額は100円~200円程度ですが、回数が増えると額が大きくなっていきますので注意しておいてください。
      手数料をどうしても払いたくない場合は、手数料がかからない無人契約機のATMを利用するといいでしょう。

プロミス

関連記事

  1. どのくらい返済が遅れると、ブラックリストに載りますか?

  2. 債権についての知っておきたい基礎知識

  3. 返済方式とは何ですか?

  4. 日本貸金業協会とは?

  5. リボルビング専用カードはどうやって使えるの?メリットとデメリット

  6. キャッシングに関する日割り計算で知っておくべき情報

新着記事

PAGE TOP