女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






バルーン返済方式ってどういう返済なのか?

記事更新日:2019年10月30日
記事公開日:2016年4月6日


借金やキャッシングの返済にはいろいろな方法があります。
その1つに『バルーン返済方式』と呼ばれる返済プランがあります。
いったいどのような返済方法なのでしょうか?

バルーン返済方式とは

バルーン返済方式とは、返済資金が将来的に準備できる見込みがある場合に利用できます。
まず借入期間とは別に長く設定できる想定期間を設定します。
設定した想定期間を基準にしてあらかじめ算出した計算式によって、毎月の返済を行っている返済方法をバルーン返済といいます。

バルーン返済を行うと、借入期間の最終月には残っている借金を全て返済する必要が出てきます。
この時の最終的な月の返済額がバルーンのようにどんどん膨らんでしまうのでバルーン返済と呼ばれています。
まるで風船がぷくぷくと膨らむように、最後に大きな借金が残り、それをボーナスや退職金など将来的に準備できる資金で返済するのが基本です。

バルーン返済の使われ方

バルーン返済は高額な買い物をする時に使われる返済方法です。不動産などの住宅取得をするときにバルーン返済を使う人が多いようです。

長期に渡って借金の返済をするのが、バルーン返済の基本的なスタイルです。何年か後に確実にお金が入ると分かっている場合に使われるのです。

バルーン返済の使われ方として、何年か後にある退職金を住宅ローンの支払いに充てる。これがバルーン返済の一例です。
バルーン返済は月々の返済が抑えられ、将来的に決まっている退職金などを支払いに当てるので毎月の負担を少なくすることが可能です。

バルーン返済には以下のようにメリットとデメリットがございます。

メリット

  • 毎月の返済額が少なくなる
  • 利息負担が少なくなる
  • 退職金や入金が確定している人

デメリット

  • 入金がなくなればリスク(住宅差し押さえなど)
  • 公務員や上場企業の社員などに限られる

住宅ローンを組んでいる場合が多い子育ての世代は毎月の返済に余裕が出ない場合も多いので、バルーン返済は有効な方法です。

無理なく自分の住宅取得を目指せるので、マイホームの取得を考えているのなら、バルーン返済を利用するのもいいでしょう。
退職金など将来的に必要なお金の準備がありますが、きちんと計画を練って行えば、バルーン返済はあなたにとって理想的な返済方法になるはずです。

監修者(國弘泰治)のアドバイス

バルーン返済は一部元利均等返済後一括返済と呼ばれており、想定される期間に基づいて計算された元金と利息を支払い、最終の返済日に残りの元金を支払う方法です。
代表的なのが住宅購入や投資用不動産を購入する際に適応されます。支払いが他の借り入れ方法より長い期間設定できることで月々の返済額が少額で済み、子育て世代にも月々の生活費を考えて返済が出来ます。

まずはきちんと計画を立てながら行うことがバルーン返済に合う条件ですので活用してみることも1つです。

監修者(國弘泰治)プロフィール

プロミス

関連記事

  1. キャッシングを利用すると、何か不利になることはありますか?

  2. 提携カード・提携ローンについての押さえておきたい事

  3. 残高スライドリボルビング方式っていったい何?

  4. 派遣社員でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  5. キャッシングとは?まずはキャッシングの簡単な仕組みを把握しよう

  6. 復権(破産法の復権)っていったい何?

新着記事

新着記事

PAGE TOP