ブラックリスト一旦載ってしまうと、その後は一切お金は借りられませんか?

キャッシングを行う上で、最も気をつけておきたいのがブラックリストに載ることです。
ブラックリストに記載されてしまうと、その後は一切お金を借りることができないというイメージがありますが、実際にはどうなるのかを考えてみます。

そもそもブラックリストってなに?

一般的な意味でブラックリストというのは質の良くない顧客名簿といった意味で使われています。
キャッシングにおいてのブラックリストというのは、個人信用情報における事故情報のことであると考えてください。
まず個人信用情報というのは、その人個人の社会的や経済的な意味での信用度を示すためのものです。
クレジットカードやキャッシングカードを作る時には申込書に様々な情報を記入することになります。

氏名、住所、年齢、職業、年収などといったデータなどが主ですが、これらの情報を一括して取りまとめているのが個人信用情報機関という組織です。
この情報が記載されるというのは契約書に明記されていることなので、拒否することはできません。
また、個人信用情報機関では申込書に記入されたデータだけではなく、現在借入のある金融機関や、その返済状況なども記載されることになるのです。

この返済状況において、遅延や延滞を繰り返しているとつくのが事故情報になります。
事故情報が記載されてしまうと、他の金融機関からすれば、この人は返済に難ありと判断されるようになってしまうのです。

  • キャッシングというのは担保や保証人のいらない信用取引になりますので、この事故情報が記載されるというのはかなり大きな失点だと考えることができます。

  • 事故情報が記載されるとお金を借りることはできない?

    一度、個人信用情報に事故情報が記載されてしまうと、新たにお金を借入することはかなり難しくなります。
    ただし、それは一生続く訳ではありません。
    これは信用情報を取り扱っている個人信用情報機関ごとで扱いが異なるのですが、一般的には5年~10年ほどで記載された情報というのは消去されます。

    • つまり、事故情報の記載があっても年数さえ経過すれば、その情報は消えてしまいますので、再びお金の借入をすることができる可能性があるのです。

    • しかし、事故情報の原因となった金融機関とそのグループ会社については別になります。
      企業内の情報として本当の意味でのブラックリストに記載されてしまい、こちらはその企業が存続する限りは消去されることはありません。
      ですので、借入ができるとしても別の金融機関であったり、中堅どころで事故情報の記載があっても審査に通過できる可能性があるという消費者金融などを選ぶ必要があると考えてください。
      それでも絶対的に借入できる訳ではありません。

プロミス

関連記事

  1. リボルビング払いとは何ですか?

  2. 知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

  3. 初めての場合はいくらまで借り入れすることが出来ますか?

  4. 良く聞くサラリーマン金融・サラ金とは?

  5. 短期金利 とは?短期金利の構造について

  6. 集金代行について・集金代行の現状

新着記事

PAGE TOP