ボーナス返済の上手な活用法について

ボーナス返済は、通常の返済とは別に返済を行う手段の一つです。受け取るボーナスの金額には個人差がありますが、まとまった額の返済を行うことで、元金を減らす効果が得られます。ここではこのボーナス返済を賢く行うためのポイントを解説していきます。

上手なボーナス返済の行い方

まず、ボーナスが入った場合には、全額を返済に充てないほうが良いでしょう。どうしてかといいますと、ボーナス返済をしたあとも借金が残っていると、通常の返済(約定返済)の日がまたやってきます。このときにお金がないと、せっかくまとまった金額を返したのに延滞してしまうことになります。

最悪の場合、一括での全額返済が求められたり、遅延損害金を請求されたりしてしまうことにもなりかねません。万が一金欠になった場合に返済できなくなるのを避けるため、約定返済の分のお金を残しておくのが得策です。

また、もう一点注意しなければいけないことがあります。ボーナス返済をしたから今月はもう大丈夫と思ってしまう人がいますが、ボーナス返済は当月の返済とは別に行うものです。

たとえばボーナス返済の翌日が約定返済日の場合、この約定返済日での支払いもしなければいけません。支払いがない場合は延滞扱いになりますので、くれぐれも気をつけましょう。

ボーナスを繰り上げ返済に使いたい

この場合に注意しなければいけないのは、繰り上げ返済の条件です。ローン契約によっては、繰り上げ返済を行う場合の最低金額が設定されていることがありますし、手数料が発生することもあります。

また、事前の申し込みが必要であったり、繰り上げ返済自体に対応していない場合もあったりします。

もしもボーナスのようなまとまった収入を受け取った際に、効率よく借金を減らしていこうと思っているのであれば、契約を交わす前に繰り上げ返済を行うための条件を調べておくことをおすすめします。繰り上げ返済の可否だけでなく、前述した条件が自分にとって不利ではないか、よく検討した上で申し込みをしましょう。

プロミス

関連記事

  1. 保証会社とは?お金を借りる時に知っておきたい現在の保証会社

  2. キャッシング審査に落ちる原因を教えて下さい。

  3. 限度額はどのようなタイミングで上がりますか?

  4. 人的担保について知っておきたい事

  5. 自動契約機で申し込みをしても、勤め先に在籍確認の電話はきますか?

  6. 借金の時効が成立するのはどういった条件ですか?

新着記事

新着記事

PAGE TOP