転職したばかりで社歴が短くてもキャッシングで借り入れは可能ですか?

転職したばかりだと勤務年数が短いので、キャッシングの審査に通らないと思ってる方がおられるかもしれません。
確かに、キャッシングの審査で勤務年数は大事なチェック項目の一つになります。
しかし、社歴が短くても利用することは可能なので、そのための条件を確認しておきましょう。

勤務年数が短くても借りられる

勤務年数はキャッシング審査の重要項目の一つですが、しかし、この条件が不足しているだけで審査落ちになることはありません。
勤務年数が短いとはいえ仕事をしていることは間違いありませんし、しかも審査では他の要素も考慮されており、それらを総合して判断されるからです。

例えば審査基準には、年収、勤務先の規模、保険、居住形態、他社借入件数などもありますが、これらの項目で総合的に内容がよければ、勤務年数が短くてもさほど問題にはなりません。

  • 特に消費者金融の場合は、勤務年数より安定収入が重視されるので、ちゃんと仕事をもっていて継続的な収入があれば、よほどのことがない限り審査落ちになることはありません。

  • もちろんそうかといって、勤務年数が短くてよいということではありません。

    できれば社歴が長いほうが審査には有利ですし、まして基準が厳しいといわれる銀行で融資を申し込むときは、勤務年数の長さは不可欠だと思ったほうがいいでしょう。
    要点は、社歴だけが審査基準を占めるのではないこと、そして社歴が短くても審査に通る可能性があるということです。

    転職前に契約する

    さて一方で、勤務年数が短いことで条件が悪くなり、結局キャッシングの審査に落ちてしまうこともあるかもしれません。

    • そこで、どうしても不安な場合は、いっそのこと転職前にキャッシングの審査を受けておくことをおすすめします。

    • 転職前に申し込めば長い社歴をアピールして審査を受けることができますし、契約したからといってただちに費用が発生するわけではありません。
      費用が発生するのは、発行したカードを使って借入を行った場合のみであって、契約をしてカードを発行するだけではお金はかかりません。
      クレジットカードの場合は年会費が必要ですが、キャッシングやカードローンではそうした費用も必要ないのです。

      よって全体的に属性が弱い場合は、転職することでさらに条件が悪くなるので、転職前に申込みをしてカードを作り、その後で転職するようにしたほうがいいでしょう。
      ただし、転職をしたら、契約先の会社にその変更届を提出しなければなりませんので、その点は忘れないようにしてください。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングに関する日割り計算で知っておくべき情報

  2. 総量規制とは何ですか?

  3. フリーローンについての知っておきたい情報

  4. キャッシングの審査時間はどの位かかりますか?

  5. 借金と担保について・担保について知っておきたい事

  6. 大車輪返済ってどんな返済方法か?

新着記事

PAGE TOP