繰り上げ返済をするメリット・デメリットは?繰り上げ返済はどうやって行うの?

繰り上げ返済とは、ローン契約で毎月到来する返済日の分とは別に、借金の一部または全部を返す方法のことをいいます。
ローンは毎月返す決まりになっているため、わざわざ返済日に支払う分と別にお金を出す意味があるのかと思っている人もいるでしょうが、意味はしっかりとあります。

ただし、意味はあるといっても注意しなければいけないこともあります。
今回は繰り上げ返済をするメリットとデメリット、また繰り上げ返済の方法を解説しますので、ローンの利用を検討中の人や、現状でローンを組んでいる人は以下の内容をご覧になってみてください。

繰り上げ返済を行うメリットとデメリット

通常、ローンの返済は元本プラス利息で行われていくものなのですが、繰り上げ返済の場合、全額が元本の返済に充てられる仕組みになっています。

  • これにより、借金の本体を効果的に減らすことが可能になるだけでなく、利息の負担を軽減する効果も得られるのです。

  • なお、繰り上げ返済には返済期間短縮型と返済額軽減型の2種類があります。
    返済期間短縮型は繰り上げ返済をすることにより毎月の返済額に変更はないものの、返済期間が短くなる特徴があり、返済額軽減型は、返済期間に変更はないものの、毎月の返済額が繰り上げ返済によって安くなる特徴があります。

    • ただ、ローンの種類にもよりますが、繰り上げ返済は受付最低額が決まっていたり、回数やタイミングに制限があったり、手数料が発生したりと、難点といえるような条件が設けられていることがありますので、注意が必要です。

    • 繰り上げ返済の行い方

      これはお金の貸付を行なっているところによって違いが見られます。
      インターネット経由で行う方法のほか、窓口に行かなければいけない場合、ATMを利用しなければいけない場合、電話で申し込まなければいけない場合などがあります。

      なお、事業者によっては、複数の繰り上げ返済の方法に対応していることもあります。
      前述したデメリットに当たるような条件はないか、便利に繰り上げ返済できる方法が用意されているのかを確かめ、上手に元本を減らしていくようにしたいところです。

プロミス

関連記事

  1. 主婦でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  2. 知っておきたい代位(代理)弁済について

  3. 同時履行の抗弁権 っていったい何?

  4. 日賦金融(日掛け金融)とはどんな金融か?

  5. 個人再生と借金について

  6. 主婦が夫に内緒で借り入れすることは出来ますか?

新着記事

PAGE TOP