信用情報センターとは何ですか?

キャッシングやカードローンでは申込をすると、必ず審査が行われるのですが、その時に大きなウェイトを占めているのが個人信用情報と呼ばれるものです。
ここでは個人信用情報を取りまとめている信用情報センターについて考えてみましょう。

信用情報センターってどんな会社なの?

個人信用情報とは、その人の住所や職業といった個人情報だけではなく、借入があるのならその返済状況なども含めたものです。
かなり深い部分まで個人情報が収集されていると言っても良く、その運用にはかなり慎重な取り扱いが必要です。

  • ここで個人信用情報を管理しているのが、信用情報センターと呼ばれる機関になります。各金融機関の業界団体であるといっても良く、銀行なら各銀行が資金を出し合って組織の運用をしていると考えてください。

例えばでは全国銀行個人信用情報センターと呼ばれるものは、銀行や信金、信組、農協などが共同して運用している組織であり、KSCと略称されることもあります。
もう1つ代表的なのが株式会社CICというものです。
こちらは信販会社が母体となって運用している組織になります。

基本的には各信用情報センターでは運用母体となっている組織から情報を収集することになります。
KSCの場合ですと、カードローンや住宅ローンなどの各種申込み情報からデータを収集して、返済状況などに関しても管理している形です。
どの機関でも共通するのですが、勝手に情報を収集しているのではなく、申込書にきちんと個人信用情報が登録されることなどを記載されており、この条項に同意しなければ申込することもできません。

信用情報センターにブラックリストはあるの?

文字通りの意味でブラックリストというものは存在していません。
しかし、信用情報センターにて事故情報が記載されることはあります。
この事故情報が記載されると返済に遅延したり、滞納していることがわかりますので、事実上のブラックリストのようなものだと考えて良いでしょう。
各信用情報センターでこうした情報が管理されていますので、例えばキャッシング会社への返済を滞納した場合などは、他のキャッシング会社でもいつでも照会することができるのです。

結果、新規の申込をしたとしても事故情報の記載があれば、審査に通るのは限りなく難しくなってしまいます。

  • この事故情報は一般的に5年から10年は保存されますので、この間は新規での契約は無理だと考えて良いでしょう。

  • また、情報が消去されたとしても、その原因となったキャッシング会社には自社保存している情報がありますので、契約はできないでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 元利均等払いと元金均等のメリットとデメリットを教えて下さい。

  2. 消費者金融とは?消費者金融について知っておきたい基礎知識

  3. 多重債務者と認定されるのはどういう条件ですか?

  4. 中小キャッシングとは何ですか?

  5. 無人契約機で契約する流れを教えて下さい。

  6. 回収規制によるこれからの業界・回収規制の基本的な情報

新着記事

PAGE TOP