転職の前後で審査通過率が変わるというのは本当ですか?

転職したばかりの人がお金を借りるとき、気になるのは審査通過率です。
キャッシングやカードローンでは、転職の前後で審査通過率が違うといわれ、転職したばかりで申込みすると審査に落とされてしまう可能性があるというのです。
それは本当のことなのか、また転職後でも審査に通過する方法はないのか、こうした点についてこれから考えていきます。

転職後に審査通過率が落ちてしまう理由

結論からいえば、キャッシングやカードローンでお金を借りるとき、転職の前後で審査通過率は違ってきます。
通過率が高いのは転職前に申込みした場合で、転職後に申込みすると通過率が低くなります。

なぜ転職後に審査通過率が落ちてしまうかといえば、社歴が短いと判断されてしまうからです。
一つの会社に勤務している年数というのは、本人の返済能力をテストするうえで重要な審査基準になりますが、それが短いと返済能力に不安を抱かせるものとなり、審査に落とされてしまう可能性があるのです。

一方、転職前に申し込んでおけば社歴に問題がないので、逆に審査に通過する確率が高まるというわけです。
このようなわけで、転職したばかりでキャッシングやカードローンの申込みをするのは、あまり得策とはいえません。

できれば、転職する前に申込みをしてカードを発行し、転職した後で借入を行うといいでしょう。

転職後でも審査に通過する方法

一方、転職したばかりでキャッシングを申し込んでも、審査に通過できる方法もあります。
それは、勤務年数以外の条件を高めておくということです。
キャッシングやカードローンの審査では勤務年数だけがチェックされるのではなく、他に年収、勤務先の規模、居住形態、信用情報、加入保険なども審査基準になります。

したがって、転職したばかりで社歴が短い場合はこうした他の属性を高めておくことによって、社歴の短さをカバーすることができます。
ちなみに収入は多ければ多いほどよく、勤務先の規模も大きいほど有利になり、信用情報はできるだけ少ないほうが評価されます。
また、属性を高めること以外では、前の職場での収入証明を提出することです。
これは今の会社の収入証明には関係ありませんが、一つのアピールポイントになるのでぜひ提出してください。

そして、転職してすぐに借りるときは、いきなり高額を借りるのではなく、5万~10万円の小額から借入を行うようにしましょう。

いきなり高額融資を希望すると審査に落ちる可能性があるので、注意してください。

プロミス

関連記事

  1. お金を借りるうえで知っておきたいみなし弁済・みなし利息

  2. 銀行ローンと一般のローンとの比較ポイント!銀行ローンのメリットについて…

  3. 返済方式とは何ですか?

  4. 金利優遇とは?お金を借りるときに金利優遇はどんな場面で使えるの?

  5. 貸金業規制法って昔と今はどう変わっている?

  6. クレジットカード・キャッシングにおけるホワイト情報とは?

新着記事

PAGE TOP