民事再生っていったい何?民事再生の基本的な知識

借金を整理するというと、多くの人は自己破産を思い浮かべるでしょう。たしかに間違いはありませんが、自己破産だけが借金を整理する方法ではありません。民事再生も借金の整理方法の一つで、自己破産とは異なる特徴を持っています。

民事再生とは?どのような手続き?

マイホームなどの財産を手放すことなく、借金の額を大幅に圧縮することが可能な債務整理の方法です。どれだけの金額が減るのかは、抱えている借金の額や持っている財産次第で異なりますが、借金の返済が不可能な状態になっている人にとって、額が減るのは非常にありがたいことです。

しかも返済期間もしっかりととることができて、基本的には3年間をかけて分割払いを行っていくことが可能です。
なお、民事再生は裁判所に申立を行い、再生計画案を提出した結果、これが認められることで成立する債務整理の方法です。

民事再生にはどのようなメリット、デメリットがある?

まずメリットを紹介しますが、前述したようにマイホームなどの高額な財産を失わずに済む点が挙げられます。自己破産の場合は必要最低限の財産以外は全て失うことになるのが特徴です。

また、手続き期間中、自己破産は特定の職業に就けないなどの資格制限を受けますが、民事再生はこれもありません。そのほか、最大で10分の1にまで借金を減らすことが可能な点も、民事再生のメリットの一つといえるでしょう。

一方、デメリットに関してですが、100万円未満の借金の最低弁済額は借金総額となっているため、選択する意味がありません。また、借金の額や保有している財産によっては、思ったような減額効果が得られない場合もあります。

そのほか、再生計画案が通らなければ、減額が認められないことになってしまいます。それから、

借金の減額効果が見込める民事再生ですが、借金の種類によっては減額対象にならない場合があります。主なものとして、住宅ローンの減額は行われませんので、注意が必要です。

プロミス

関連記事

  1. 規制対象外というのは何ですか?

  2. 商工ローンでお金を借りる条件は?

  3. キャッシング審査に落ちる原因を教えて下さい。

  4. 学生でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  5. カードローンの返済が遅れたら、すぐに利用停止されますか?

  6. ヤミ金融の見分け方を教えて下さい。

新着記事

PAGE TOP