キャッシングや契約の本人確認法について

お金を借りるための契約を交わす際には、本人確認が行われます。他人が勝手に申し込み者の名前を騙ってお金を借りようとしていないか調べることが本人確認の主な目的です。事業者によって本人確認法には多少の違いがありますが、ほぼ間違いなくしなければいけないこととして、本人確認書類の提出が挙げられます。

書類の提出による本人確認法

実際にキャッシングなどの申し込みをする際には、申し込む事業者で必要な書類を確認する必要がありますが、運転免許証があればまず大丈夫です。運転免許を持っていない人は、健康保険証、パスポートが本人確認書類として有効になる場合がほとんどです。

なお、キャッシングは外国人の利用も想定されており、この場合の本人確認書類としては、在留カードまたは特別永住者証明書などが有効になります。

また、提出方法ですが、どの方法で契約の申し込みをするのかによって多少の違いがあります。窓口で契約をする場合には店頭に本人確認書類を持っていく必要がありますし、無人契約機の場合も同様に直接持参しなければいけません。

そのほか、郵送の場合は本人確認書類のコピーを指定の場所に届ける必要があり、Web申し込みの場合は本人確認書類の画像データを送信する必要があります。なお、書類は表面だけでなく裏面の提出が必要になる場合もあり、また有効期間内のものである必要もあります。

在籍確認が行われることもあります

事業者の本人確認法として、在籍確認と呼ばれる方法がとられることがあります。これは申請した家に確かに住んでいるか、申請した勤務先に確かに所属しているか調べるために行われるものです。

キャッシングの業者であることを名乗らずに電話連絡がきますので、周囲に知られる心配はまずありませんし、在籍確認自体のやりとりも非常に短時間です。

なお、いまは事業者によっては在籍確認を行わなくなっているところもあります。電話連絡がくることを嫌う人は、こうした事業者に契約の申し込みをすると良いでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 日常家事債務とはどのような内容か?

  2. キャッシング審査に落ちる原因を教えて下さい。

  3. 銀行やコンビニのATMでキャッシングの申し込みはできますか?

  4. 単利という金利方法について・単利の計算方法と基礎知識

  5. キャッシングする際の、お金の使い道を聞かれますか?

  6. 貸し倒れってよく聞くけどどういう事?

新着記事

PAGE TOP