お金を借りるうえで知っておきたいみなし弁済・みなし利息

借金に関する専門用語はたくさんありますが、みなし弁済やみなし利息もその中に含まれるものです。ここではこの2種類の言葉にどのような意味があるのかを解説しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

みなし弁済とは?

今はなくなっていますが、以前はいわゆるグレーゾーン金利での貸し付けが盛んに行われていました。過去には利息制限法の上限金利を超えていても、出資法の上限金利を越えなければ罰則がなかったためです。

ただ、利息制限法の上限金利を超えるものは無効という民事上の決まりがあり、これをめぐって裁判で争われることが多数ありました。
このときお金を貸す側がよく主張していたのがみなし弁済で、借りている人による任意の支払いであることなどの条件を満たした場合、グレーではなく適法な契約として成立するのが特徴です。

  • なお、現在は既にみなし弁済は撤廃されていますし、利息制限法の上限金利を超えた場合には、事業者に対する罰則が行われるようにもなっています。さらに出資法の上限金利も利息制限法の水準にまで低下したため、新規の契約でグレーゾーン金利での貸し付けが行われることもなくなっています。

みなし利息について知っておきたい事

これは手数料、礼金、調査費用などの諸費用を利息の支払いとみなして事業者が受け取ることを意味しています。そしてこのみなし利息も、貸金業法で決められている最大金利を超過した場合、法律に抵触することになります。

また、法律に違反した業者に対しては、罰則が与えられる決まりにもなっています。ただ、手数料の中にはみなし利息の対象外になるものもある点には注意が必要です。
たとえば、ATMの利用手数料、カードをなくした際の再発行手数料などがこれに該当します。健全な運営を行っている事業者であればみなし利息で違法行為をするようなことはありませんが、念のためこのような仕組みが借金の世界にはあるのだということを覚えておいて損はないでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 集金代行について・集金代行の現状

  2. 嘘の情報でキャッシングの申し込みをしたらどうなりますか?

  3. 限度額はどのようなタイミングで上がりますか?

  4. 破産宣告したらその後はどうなるのか?

  5. 良く聞く社内ブラックとは?

  6. ボーナス返済の上手な活用法について

新着記事

新着記事

PAGE TOP