総量規制とは何ですか?

キャッシングのことを調べてみると、総量規制という言葉を良く見かけるはずです。
この総量規制という言葉は一般的には使われないものなので、その意味がわからないという人も少なくありません。
しかし、キャッシングを行う上では必ず知っておきたい言葉なので、ここで詳しく解説していきましょう。

総量規制っていったいなに?

キャッシングを行っている会社にとって根拠法となるのが貸金業法という法律です。
この法律ですが、時代にあわせて何度も改正されてきており、特に2010年には大きな改正が行われました。
その中の目玉とも言えるのが総量規制というルールです。

総量規制とは簡単に書いてしまうと、債務者への過剰な貸付を防ぐために作られた規制になります。
この総量規制が導入される前は、債権者の裁量によって貸付が行われており、明らかに収入に対する割合がおかしい金額の貸付が行われていました。
結果、多重債務に陥ってしまうなど、返済が困難になる人が続出したことから、社会問題にもなっていたのです。
そこで、この総量規制が導入されました。

総量規制の内容ですが、端的に書きますと申込者の年収の3分の1を超えた融資はできないというものです。

つまり、年収が300万円の人であれば、100万円までしか借入ができなくなったという意味になります。
この100万円ですが1つの貸金業者からだけではなく、複数の業者からの融資を合計した数字となります。

仮にですが、30万円、30万円と既にキャッシングで融資を受けているのなら、他社に申込をしても最高で40万円までしか借入できないという話です。
実際には年収の3分の1ギリギリまで借入できることは少ないので、よほど条件が整っていない限りは無理だと考えてください。

もう1つ総量規制で覚えておきたいのが、1つのキャッシング会社から50万円以上の融資を受けるのであれば、申込時に収入証明書を提出しなくてはいけないというルールもあります。
また、複数のキャッシング会社から借入をした場合、合計が100万円を超えるのなら、こちらも同様に収入証明書を提出しなくてはいけません。
この総量規制の対象となっているのは、消費者金融、クレジット会社、信販会社になります。

ただし、カーローンや住宅ローンなどに関しては総量規制の対象外となっているので覚えておくと良いでしょう。

銀行のカードローンってどうなるの?

キャッシングと同様のサービスとして銀行が行っているカードローンがあります。
こちらも総量規制の対象なのと思う人は多いのですが、実は総量規制の対象外なのです。
その理由は銀行というのは貸金業法ではなく、銀行法を根拠法としているからです。
つまり、ルールの基準となるべき法律が違うことから、総量規制の対象外となっています。

プロミス

関連記事

  1. ボーナス返済の上手な活用法について

  2. 店舗まで行かないと借りられませんか?

  3. 被害が続出?スキミングっていったい何?

  4. 破産宣告したらその後はどうなるのか?

  5. 信販会社っていったい何?

  6. キャッシングする際の、お金の使い道を聞かれますか?

新着記事

PAGE TOP