キャッシングに連帯保証人や担保が必要ですか?

キャッシングでお金を借りたいけど、連帯保証人や担保を用意できないかもしれない。
こんな不安を抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配はありません。
なぜなら、連帯保証人や担保がなくてもキャッシングを利用することはできるからです。
なぜそんなことがいえるのか、その理由についてレクチャーしていきます。

担保について知っておく事

担保といえば、返済困難な場合に、お金の代わりに土地などを差し出すことをいいますが、お金を借りるときはこれが絶対に必要だと思っている人もいます。

  • ところが、基本的にキャッシングやカードローンでは、担保は取られないことがほとんどです。

  • 特に消費者金融では無担保・無保証を提供しているところが多くありますが、こういうところは最初から財産を持っていない低収入の人たちをターゲットにしているので、担保をとる必要性もないのです。
    担保をとらないとリスクが大きいのではないかと思われるかもしれませんが、貸出リスクを最小限にするために、各金融業者は審査を行っているのです。
    審査でしっかりと属性調査を行っており、この段階で危険なターゲットはふるい落とすことができているので、担保をとらなくてもリスクの高い融資はしないようにすることができるのです。

    ただし、借入額が高額または限度額になってくると担保が必要になる場合もあるので、その点も覚えておいてください。

    連帯保証人について

    連帯保証人といえば、債務者に返済能力があろうとなかろうと、最初から債務者と同等の責任を負う立場にある人のことをいいます。
    つまり、保証人のように、債務者が返済困難になった場合にのみ弁済を負わされるのではなく、債務者の返済能力に関わりなく、債権者に求められれば、債務者に返済能力があっても取り立てに応じなければならないのです。

    というわけで、連帯保証人を立てるというのは大変な仕事をその人に負わせることになってしまいますが、一般的は消費者金融の場合ではこれがまったく関係ありません。

    • つまり、ほとんどの消費者金融では、申込時に連帯保証人を求められることはないということです。

    • 連帯保証人を立てないということは貸し手にはリスクがありますが、その分、審査を行って申込者の信用情報をしっかりチェックしています。
      また、消費者金融の場合は総量規制があり、本人の年収の3分の1までしか貸すことができないので、融資規模が小さく連帯保証人を立てる必要性もありません。

プロミス

関連記事

  1. 実質金利・上限金利とは?金利について知っておきたい

  2. 年利っていったい何?年利についての基礎知識

  3. 復権(破産法の復権)っていったい何?

  4. 破産管財人とは?破産管財人について知っておきたい事

  5. クレジットカードの国際ブランドについて

  6. 無能力者とは?契約の際の無能力者との関係

新着記事

PAGE TOP