個人信用情報で気を付けること

個人信用情報とは、信用情報機関で適切に管理されている情報のことです。

信用情報機関には数多くの情報が登録されており、氏名、生年月日、住所、連絡先(電話番号)、勤め先、ローンやクレジットの契約日、限度額、返済状況、残高、事故情報といったものが挙げられます。
今回はこの個人信用情報に関し注意しなければいけないことを解説しますので、お金を借りようと思っている人はとくにチェックしておくことをおすすめします。

個人信用情報への個人情報の登録や照会は避けられません

消費者金融などでお金を借りる際には申し込みをしますが、申し込みのタイミングか契約のタイミングで、個人情報の照会に同意をしなければなりません。
同意しなければ審査が行われたり、融資が行われることはありませんので、お金を借りるのであれば自分の個人信用情報がチェックされることは避けられないのです。

また、個人信用情報が信用情報機関に登録されてしまうことも、同様の理由で回避することは不可能です。
一度も遅れることなく、全ての契約を完済しているようなポジティブな情報であれば審査で有利になることもあり得ますが、現在契約中の件数が多い、延滞したことがある、返済不能になったことがある、債務整理をしているといったネガティブな情報は、審査で不利になります。

  • 永遠に全ての情報が登録されたままにはなりませんが、何年間も情報は記録されたままになりますので、お金を借りるのであれば自分の個人信用情報に傷が付かないように気をつけなくてはいけません。

  • 個人信用情報を自分で調べる方法があります

    信用情報機関に登録されている個人信用情報がどうなっているのか気になる人もいるでしょうが、開示請求をすることでチェックできます。
    信用情報機関は複数あり、所定の手続きを行い、費用を支払うことによって、自分の個人信用情報が調べられます。

    お金を借りる申し込みをしているのに審査が通らずおかしいと感じている人は、個人信用情報に傷が付いているからなのかもしれませんので、開示請求を一度してみてはいかがでしょうか。

プロミス

関連記事

  1. 無職でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  2. クレジットカード・キャッシングにおけるホワイト情報とは?

  3. つなぎ融資って一体どんな融資なのか?

  4. 返済する際のリボルビング払いの使い道と注意点

  5. ローンについての失敗しない考え方について

  6. 夜逃げって現在もあるのか?お金を借りる事と夜逃げについて

新着記事

PAGE TOP