女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






信販会社と消費者金融の違いって何?

記事更新日:2019年10月30日
記事公開日:2015年9月20日


キャッシングを行う時にちょっと調べてみると、消費者金融や信販会社という言葉がちらほらと出てくるはずです。
この2つの会社に関しては似たようなものだと認識している人も多いのですが、実はれっきとした違いがあります。
ここでは信販会社と消費者金融の違いについて考えてみましょう。

そもそも信販会社ってなに?

消費者金融というのは耳に馴染みのある言葉ですので、なんとなくであってもその形態を理解している人は少なくありません。
対する信販会社ですが、あまり耳慣れない言葉なので、いまいちハッキリとは分からないという人が多いようです。
信販会社とは正式には信用販売会社という名称になります。
割賦販売による商品の売買において、販売業者に代金の立替払いを行い、購入者からは分割払いの集金を主とする業務を行う会社が、信販会社です。
他にもクレジットカードを発行している会社であるというのがわかりやすいかもしれません。

家電量販店や自動車のディーラーなどで大きな金額のものを購入する時に、分割で支払いをすることがあります。
この時に、分割払いの申込をすることになるのですが、その申込先が信販会社なのです。
つまり、信販会社とはローンを取り扱う会社であったり、クレジットカードを発行している会社であると考えておくとわかりやすいでしょう。

ちなみに消費者金融というのは消費者向けの信用供与を行っている会社の中で、小額かつ無担保の金銭融資業務を行っている会社を指す言葉です。

消費者金融と信販会社の違いって?

上でも触れたように、基本的に信販会社というのはローン業務を主にしている会社のことになります。

クレジットカードの機能にキャッシングがあることから、消費者金融と混同されてしまう人もいるのですが、あくまでも本業は商品販売におけるローンです。
ちなみにローンというのは使い道が決まっている借入のことを一般的に指す言葉ではあるのですが、最近ではキャッシングとの垣根が低くなってきているのが現状かもしれません。

一方で、消費者金融というのは個人向けの小額貸付を行っており、担保や保証人のない信用取引をしている会社のことを指します。
消費者金融の場合、使い道が決まっていないお金を借りることができ、利用者は好きにお金を使うことができます。
ここが2つの大きな違いだと言って良いでしょう。

ちなみに金利としては、信販会社の行っているローンの方が低く設定されていますが、クレジットカードのキャッシング機能についてはその例外だと考えてください。

監修者(田中裕晃)のアドバイス

記事にもある通り、信販会社と消費者金融のそもそもの役割は別のものです。
反面、キャッシングという使い方に限れば、信販会社と消費者金融は同じ立ち位置であると言えます。
競争の激化で商品内容にも共通点が増えていますが、利率や審査回答の速度、借り入れ時の利便性、返済方法や返済時の手数料、キャンペーンの有無などを比較し、ご自身の利用目的に最適な商品を選択することが重要です。

監修者(田中裕晃)プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 学生でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  2. フリーローンについての知っておきたい情報

  3. どうしても返済できない時はどうすればよいですか?

  4. 借金の時効が成立するのはどういった条件ですか?

  5. 嘘の情報でキャッシングの申し込みをしたらどうなりますか?

  6. カード紛失したらどうなる?カード盗難保険を活用しよう!

新着記事

新着記事

PAGE TOP