日賦金融(日掛け金融)とはどんな金融か?

お金の貸し借りには日賦金融や日掛け金融と呼ばれるものがあります。
これは日単位で貸金の返済期間を設けている金融機関をいいます。
あまり馴染みがないという人も多いでしょう。
今回はあまり知られていない日賦金融や日掛け金融がどういったものなのか紹介していこうと思います。

日賦金融と日掛け金融とは?

日賦金融と日掛け金融の大きな特徴は返済を日単位で設定している部分です。
通常の金融業者は月単位で返済をしていくのが基本です。

しかし、日賦金融業者や日掛け金融業者は月ではなく日単位で返済期間を設けています。

それが日賦や日掛けと呼ばれる由縁でもあります。

どういった人が借りるのか

日賦金融や日掛け金融を利用するのは、お金のやり取りに非常に困っている人が多いです。
零細企業によって、その日の当座預金のお金を工面するのに日賦金融や日掛け金融は欠かせない存在です。
審査の比較的緩い金融業者からお金の貸し借りをする必要が出てくるからです。

日賦金融や日掛けはその日の売上から返済をしていく流れになります。
そのため、月単位でお金を貸してくれる金融業者より審査が緩くなり、お金を借りやすくなります。
ほかのところでお金を借りにくくなっている零細企業にとってありがたい存在です。

現在では日賦金融・日掛け金融の制度が強化

昔は日賦金融や日掛け金融に対する法的処置が緩い部分がありました。
一定の条件を満たせば日賦金融や日掛け金融と認められ、金利の面などで大きなメリットを持ってお金の貸し借りが出来たのです。

しかし、貸金業法や出資法等の改定により、日掛け金融という制度自体が廃止になってしまいました。

現在では日掛け金融であっても年利20パーセントの利息を取ることは禁止されています。
昔のように高いメリットがなくなり、高い利益を出しにくくなっているのが現状です。

日賦金融や日掛け金融の特例はなくなっていますが、まだまだ求められている金融機関です。
もしかしたら、利用することになるかもしれませんね。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングする際に使用するATMは手数料がかかりますか?

  2. 総量規制とは何ですか?

  3. 元利定額残高スライドリボルビング方式について知っておきたい事

  4. 多額債務者・多重債務者とはどういう状態か?

  5. 生活衛生貸付とは?知っておきたい情報まとめ

  6. 銀行口座を持っていなくてもキャッシングの利用は可能?

新着記事

PAGE TOP