証書ローンとはいったい何?

ローンにはいろいろな種類があります。
住宅ローンなど生活の中で使っている人も多いでしょう。
そんなローンに証書ローンという馴染みのない単語があります。
いったいどんなローンなのでしょうか?

証書ローンとは?

  • 証書ローンとは、1回の借り入れごとに契約書を作成して、契約書に記されている金額を借り入れるローンの仕組みをいいます。

  • 住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、まとまったお金を長期間借りる場合、使われる返済方法の1つです。
    証書ローンではカードが発行されることはありません。

    また、追加の融資もないのもポイントです。

    • 最初に契約を交わした金額を証書で確認し、金額の融資を受けるのが証書ローンの特徴です。

    • 借入残高が途中で増えることは基本的にありません。
      ですから、途中でなんらかの事情があると証書ローンで決められた金額では足りない場合も出てきます。
      そういったトラブルも予測して金額を決める必要が出てきます。

      • 契約時に借入額や返済額、金利に応じた返済プランが作られるのも証書ローンの特徴です。

      • 返済スケジュールが安定しているので安心して利用できる人も多いでしょう。

        証書ローンのメリット

        証書ローンの最大のメリットは長期に渡す返済計画を立てること可能な部分です。
        これはほかのローンや借金ではなかなか見られない特徴です。

        証書ローンによる融資を受ける場合、返済期間は約1年を超えることになるので、数年に渡って分割して返済することになります。
        返済への計画が立てやすいだけでなく、毎月の負担額も少なくなるのでお得なプランと考える人が多いでしょう。
        分割が少なくなるので、返済しやすいのが証書ローン最大のメリットと言えるでしょう。

        証書ローンであっても利用するには連帯保証人が必要になります。
        自分ひとりで借金を作ることはできないので、信用ある人にお願いすることを忘れないようにしましょう。
        審査の段階で大丈夫であれば、問題なく融資を受けることが可能になります。

プロミス

関連記事

  1. 借金と担保について・担保について知っておきたい事

  2. 消費者金融でキャッシングした人の信用情報は傷が付きますか?

  3. 借金の時効が成立するのはどういった条件ですか?

  4. キャッシングの利息計算方法を教えて下さい。

  5. 転職の前後で審査通過率が変わるというのは本当ですか?

  6. ソフトヤミ金とは何ですか?

新着記事

PAGE TOP