超過利息返還請求権とは?

現在、テレビのコマーシャルであったり、看板広告、新聞や雑誌、電車の中吊り広告などで非常に露出度が多い宣伝の一つに、過払い金の請求があります。

あれだけ広告宣伝を行っている訳ですが、実際に過払い金の請求をお願いするお客さんがいなければビジネスとして成り立たない事を考えれば、実際に非常に多くの方が、利息を過払いしているという現実がある事が分かります。

あなたももしかするとそういった被害者の1人かもしれません。
これについて、具体的にはどの様に返還をさせるのでしょうか。

超過利息返還請求権

利息の過払いについては、超過利息返還請求権という権利を主張する事で、その返還を求める形となります。
特に、利息制限法で定められている利息を超える金利で借り入れを行っていた場合、更に多く払いすぎているという事になります。

そもそもあなたは利息制限法について明るく無いかもしれませんから、ここで少し説明させて頂きましょう。

利息制限法では、利息は十万円以内で年に20パーセント、そして十万円以上で百万円以内という場合には、年に18パーセント、そして百万円以上という金額の場合には、年に15パーセントという風に定められています。

これを超えている分に関しては無効となります。

これは既に支払ってしまっている場合にも同様の事が言え、超過利息返還請求権を発生させて返還を求める事が可能なのです。

返還請求が認められないみなし弁済とは

しかし、上記の様なケースに当てはまっている場合でも返還請求が認められなかったというケースもあります。
その一つが、みなし弁済が適用されていた場合です。

このみなし弁済というのは、超過部分を任意で支払った場合には規定に関わらず、その返還を請求する事が不可能である、と定められていた事によって返還が認められなかったのです。

しかし現在ではみなし弁済が廃止され、以前に支払った超過に関しては問題無く請求できることが可能となりました。

プロミス

関連記事

  1. 元利均等払いと元金均等のメリットとデメリットを教えて下さい。

  2. 35日の返済日があるのは何故なのでしょうか?

  3. 自動契約機で申し込みをしても、勤め先に在籍確認の電話はきますか?

  4. 会社や家族に知られずにキャッシングやカードローンを利用できますか?

  5. 信用情報機関についての基礎知識

  6. どうしても返済できない時はどうすればよいですか?

新着記事

PAGE TOP