貸し倒れってよく聞くけどどういう事?

貸し倒れは単純に言えば、貸したお金が返ってこないその状態を指していると考えればよろしいでしょう。
商取引においても貸し倒れという言葉が使われますが、

やはり同様に販売代金が回収できない状態を指しています。
要はお金を回収できる側がそれが叶わずに損を出す、それが貸し倒れに当てはまります。

貸したお金が回収できない貸し倒れは避けたいもの

お金の貸付に関してはお金を貸した客が支払いできず貸し倒れとなれば、金利による儲けは得られないどころか、元々貸したお金も全額返りません。

  • なぜ、金融機関や貸金業者が貸付の際に必ず審査するのかは、貸し倒れで損が生じることを防ぐためです。

  • 返済に不安がある客にお金を貸すことは貸し倒れを招く要因にもなるので、お金を貸せるかどうかの審査を疎かにするわけにはいかないのです。

    例えば無職の人に金融機関や貸金業者が貸付することはまずありえません。
    これはやはり返済に不安があることを見越して、申込を断っているのです。お金を貸す側にとって貸し倒れのリスクは避けるべきものです。

    そうでなければ自分のところの経営も危うくなるからです。
    金融機関や貸金業者は同情だけでお金を貸すわけにもいかないのです。

    貸し倒れに対する貸金業者と金融機関での考え方

    貸し倒れに対しては、貸金業者と金融機関では少々考え方が異なります。
    貸金業者の場合には、貸付した契約のうち何件かは貸し倒れが出るものと考えています。

    お金を貸した客のうち何人かは、途中で返済の支払いを延滞しそれが長期のものとなり、いずれは支払いできなくなると踏んでいるのです。

    貸し倒ればかりを発生させるわけにはいかないが、元々お金がないから借金を申し込んでいるといった客の事情も踏まえているわけです。
    そのため、長期の支払い延滞もある程度の期間が経つとしつこかった督促が止まる場合があるのはそのためです。

    それに対して金融機関では貸し倒れはないものと考えています。
    例えば銀行から直接お金を借りるプロパー融資では、融資審査もとても慎重すぎるくらいに行われますが、これも貸し倒れを防ぐためです。

    • 一般的に金融機関のほうが貸付審査が厳しいとされるのは貸し倒れをなるべく避ける金融機関の姿勢が垣間見えるからです。

プロミス

関連記事

  1. 個人再生と借金について

  2. キャッシングに関する日割り計算で知っておくべき情報

  3. どのくらい返済が遅れると、ブラックリストに載りますか?

  4. 消費者金融の上限金利を教えて下さい。

  5. 無保証融資についてどんな融資なのか?

  6. 与信とは?与信に関する情報まとめ

新着記事

PAGE TOP