銀行系と銀行系以外の消費者金融の違いを教えて下さい。

銀行と消費者金融の違いなら、誰でもすぐに分かることでしょう。
でも、銀行の中には銀行系と呼ばれるところもあります。
ではこの銀行系と消費者金融にはどんな違いがあるのか、それについて考えてみましょう。

基本的にはどちらも一緒

銀行系といえば、銀行という名前が付いているので紛らわしく感じますが、その実態は消費者金融と同じです。
むしろ、消費者金融そのものといってもいいほどで、業態としては銀行とは似ても似つかないものです。
ではなぜ銀行系という名前が付いているのかといえば、それは自身が所属しているグループの中に銀行が入っているからです。
実際、その銀行の傘の下に入り込んで資金提供を受けているケースなどもあるため、そうした提携関係から銀行系と呼ばれるわけです。

しかし、銀行系といっても預金業務ができるわけではなく、実態は消費者金融そのものなので、行っているサービスは貸金業務だけです。

銀行系とは、グループ企業に銀行を持っている消費者金融のことですが、この点からいえば、銀行系にはサービス面で普通の消費者金融には提供できないメリットがあります。

銀行系の強みとは?

まず第一に、グループ銀行が持っている巨大なネットワークをそのまま使わせてもらえるというメリットがあります。
これは普通の消費者金融にはできないことですが、バックに都市銀行などがいる消費者金融では、銀行の知名度やネットワークを武器に多くの顧客を集めることができ、また提携ATMも多く備えることができて、利便性も提供することができます。

さらに、インターネット取引を進めている銀行系では、携帯・スマホからの申込も可能、時間短縮の要望にも応え、申込から審査までを一段と早くしています。
こうした環境を効率よく整備していけるのも、やはりグループ内に銀行が控えていることの強みといっていいでしょう。

さらに、グループに銀行がいることは、資本力の点で他の消費者金融に差をつけることはいうまでもありません。
具体的にどんなところに差が出るかといえば、金利が安くなることです。
消費者金融といえば金利が高いことで知られていますが、資本力のある銀行をバックにもつ銀行系消費者金融なら、低金利を実現することができるのです。
利率は実際には業者によって異なりますが、基本金利を高めに設定しているところでも、借りてから1週間は無利息でOKというサービスを実施しているところもあります。

いずれにしても、借り手から見ると銀行系消費者金融は利便性が高くてメリットがあります。

プロミス

関連記事

  1. 銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いを教えて下さい。

  2. 利息に関する考え方・基本情報について

  3. 知っておきたい代位(代理)弁済について

  4. ミニマムペイメントってどういう仕組み?

  5. 知っておくべき変動型金利についてのまとめ

  6. 返済する際のリボルビング払いの使い道と注意点

新着記事

PAGE TOP