元利定額残高スライドリボルビング方式とは?

キャッシングやカードローンの返済でよく見られる方式はリボルビング払いといったものでしょう。

ひと口にリボルビング払いと言っても、元金定額リボルビング方式それから元利定額残高スライドリボルビング方式といった具合に、大きく2種類のリボ払いでの方式が混在しています。
どちらも似たような名前ですから大した差はないだろうと気にしない人もいるのではないかと思います。

しかし元利か元金、どちらをリボ払いしていく方式であるかにより、違いも大きいです。

ですのでキャッシングやカードローンの契約の際には、どちらのリボ払いの方式であるのか気にしないわけにはいきません。

元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式

返済方式が元利定額残高スライドリボルビング方式とされる場合、毎月払う金額が借入残高に応じて決まっていることでしょう。
残高スライド方式であるために、そうした仕組みになっているのです。
そして元利定額リボルビング方式ということでは、毎月払う一定額で利息分の支払いと元金の返済を賄っていきます。

そのため最初のうちは、払ったお金のほとんどが利息分に使われるので、元金の返済が進みにくく借入残高がなかなか減らないことも起こります。
毎月一定の金額を払えば済みますが、その分完済まで長引きやすいです。

元金定額残高スライドリボルビング方式の場合には、借入残高に応じて毎月払う金額が決まっていることは同じです。
ただし決まっている金額は元金分の返済に関してです。このため利息分を追加して払うので毎回の支払額は異なります。

元金定額リボルビング方式の返済だと利点はある?

元金定額リボルビング方式でキャッシングやカードローンを返済する場合、元利定額残高スライドリボルビング方式と異なり毎回の支払額は違います。

一見、不便なように思えますが追加で支払うのは利息分ですから、元金の返済が進めば進むほど追加で支払う金額も減っていきます。

元金定額リボルビング方式は、初回から毎回定額で元金返済を進めますから返済を進めるごとに追加で払う利息分が減ることが叶うわけです。

元利定額残高スライドリボルビング方式で返済していく場合に比べると毎回の支払額が減っていくことから、元金定額リボルビング方式での返済は借金の返済が進んでいることを感じ取りやすいでしょう。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングに関する履行ってどういう意味なのか?

  2. クレジットカードのコーポレートカードって何?

  3. 信販会社と消費者金融の違いについて教えて下さい。

  4. バルーン返済方式ってどういう返済なのか?

  5. 本人属性とは何ですか?

  6. 保証会社とは?お金を借りる時に知っておきたい現在の保証会社

新着記事

PAGE TOP