知っておくべき変動型金利についてのまとめ

変動型金利というのは、言葉が示しているように返済中に金利の見直しが行われるのが特徴です。

ローンを検討している人はこの変動型金利の仕組みを知り、ほかのタイプと比較した上でこのタイプの金利の商品がベストかを検討することが、失敗の防止につながります。とくに大口の融資の場合、少しの金利の差が返済負担に大きく影響しますので、金利の知識を身に付けておくことが非常に大切です。

変動型金利の何がいいの?

このタイプの金利は固定型金利と比較して、利率が低く設定されていることが少なくありません。のちに上がる可能性はあるものの、ほかのタイプの金利より低く設定されているあいだは特に、返済負担が軽く楽に感じられるだけでなく、お得感もあるでしょう。

また、少し金利の利率が高いなと感じるタイミングで借りたとしても、のちに下がる可能性も変動型金利にはあります。下がった結果、ほかのタイプの金利より低いパーセンテージになると、前述したように返済負担が軽減されてお得になります。

このほか、変動型金利の商品を取り扱っている銀行などによっては、キャンペーンが実施されていることがあります。金利が優遇されるというものが多く、通常よりさらに低い金利で融資が受けられる点が魅力的です。

変動型金利の何がダメなの?

  • 金利が見直されたことでパーセンテージが上昇すると、返済しなければいけない金額が高くなり、返済負担が重くなります。低くなるのを期待して高めな時期に借りたのに、期待していたように利率が下がらない、または反対に上がってしまうようなことも起こり得るのです。
  • また、過度にパーセンテージが高まってしまうと未収利息が出て、元金が減少しにくくなる問題もあります。

    そのほか、金利の利率がどれだけ上下するのかが分からないため、実際に総額いくらのお金を返すことになるのかが不明です。

    • 変動型金利の商品に申し込みをする場合には、下がることを想定するより上がることを想定して返済計画を立て、しっかりと完済できるかどうかを検討することが大切です。
プロミス

関連記事

  1. キャッシングを利用して借りたお金は、どのような方法で返済するの?

  2. 銀行ローンと一般のローンとの比較ポイント!銀行ローンのメリットについて…

  3. お金はどこで貰えるのですか?

  4. 1万円などの少額を借りることはできますか?

  5. 回収規制によるこれからの業界・回収規制の基本的な情報

  6. カードローンの返済方法について教えて下さい。

新着記事

PAGE TOP