事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






キャッシングの金利計算ってどういう仕組み?

返済金額計算

借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算

借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • 月々の返済額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算

返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します

  • 月々の返済額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

お金を借りる人が必ず知っておきたいこととして、金利に関する情報が挙げられます。
基本的なことを把握しておくだけでも上手に融資を受けることに繋がりますので、以下の内容を読んでおくことをおすすめします。

金利とは?どのような仕組み?

お金を貸す事業を行っているところは、ただ貸すだけでは利益が得られません。
むしろ、返せなくなる人が出てくることで、損失が発生してしまうリスクを負うことになります。

損失が増えてしまうと潰れてしまうことになりかねませんが、金利で防いでいるのです。
いわば、金利は事業者の利益や損失の穴埋めのために取るお金のことなのです。

そして、金利には○%という利率があり、実質年率○%と多くの場合は表示されています。
返済する際には、元金に対し金利分の金額を意味する利息をプラスして支払うことになります。

なお、実質年率による月々の利息の算出方法は、元金(円)×利率(%)÷365(日)×30(日)です。

また、融資はキャッシングのように分割返済ではなく一括返済で行う契約もあります。
その場合には単純に元金に利率をかければいいだけなので、計算方法は極めてシンプルです。

10%の利率で30万円借りた場合には、30万円×10%=3万円で、合計33万円返済すれば完済となります。
実際にお金を借りる際に金利の条件を確認し、上記の計算式に当てはめてみると、毎月どれだけの利息をプラスして返済していけばいいか、把握することが可能です。

金利に関するルール

金利はどれだけ高く設定してもいいわけではありません。
一例として、貸金業者は法律によって上限金利を守らなければいけないことになっているのです。

貸付金額に応じて15~20%が上限金利として定められており、これを超える金利は無効です。

上限金利のルールを守らなかった貸金業者は行政処分を受けたり、刑事罰を受けたりすることになります。
そのほか、お金を借りている側の金利のルールに関し、契約内容次第ではありますが、返済に遅れると遅延損害金という名目で利息の支払いをしなければいけないことになります。

監修者(内山貴博)のアドバイス

金利の仕組みについて分かりやすく記載されていますね。計算式などからも分かるように、借入額が多くなり、返済期間が長くなるほど金利負担は増すことになります。
できるだけ借入額を抑える、返済を早く行うことが上手な借入のコツとなります。
また、借り入れるための審査が甘いか厳しいかという点もテーマになりがちですが、当然審査が甘い会社はよりリスクを取ることになるため、結果、金利が高くなりがちです。よって、まずは審査が厳しく、上限金利の低いところから申し込みを行うのが適しているでしょう。

監修者(阿久津和宏)のアドバイス

利息について少し解説します。お金の「時間的な価値(返済日までの時間)=期限の利益」と「事業者のリスク回避」のために存在しています。無利息で貸す業者がいないのは、「儲けが出ない」という理由と、「リスク回避するため」といった2つの理由があります。
また、記事にも記載の通り、たがくの利息制限法という法律によって、貸付金額(借入金額)に応じて上限金利が設けられており、借り主に負担が掛かり過ぎないように保護されており、双方の利益のバランスが保たれています。

監修者(大泉稔)のアドバイス

「返済期間」、「返済金額」、「借入可能額」と、ローンの利用に必要なシュミレーションがそろっています。しかも、簡便で利用しやすいですね。「すぐにお金を借りたいから、時間が無い」という方でも、店舗や自動契約機にダッシュする前に、呼吸を整え、一度、シュミレーションしてみましょう。返済の計画のイメージなど、新たな、そして前向きな発見があると思いますよ。

監修者(伊藤亮太)のアドバイス

お金を借りたいと思ったときに、毎月の返済金額や毎月の返済期間、借入可能額を知りたければ上記の計算を利用するとよいでしょう。想定より多いか少ないかがわかることでしょう。
金利は低いほうがよいですが、どうしても借りたいときにその金利から計算できる返済額を滞りなくかえせるかどうか見積もったうえで、お金は借りるようにしてください。
借入期間を短くする、借入額を少なくするなどして利息を抑えることも検討すべきかもしれませんね。

監修者プロフィール




プロミス

関連記事

  1. 勤め先での勤続年数は、申し込み時の審査に影響しますか?

  2. クレジットカードの割賦購入あっせんについて

  3. 嘘の情報でキャッシングの申し込みをしたらどうなりますか?

  4. キャッシングに関する日割り計算で知っておくべき情報

  5. カードローンの返済方法について教えて下さい。

  6. 名義貸しについて知っておきたい事まとめ

新着記事

新着記事

PAGE TOP