おまとめローンがお得なのか?メリットとデメリット

おまとめローンで複数の借金契約をひとつにまとめることで、メリットが得られる場合も出てくるでしょう。
借入先をひとつに出来ることでは、返済する相手がひとつになりますからそこへの返済だけを考えればよいわけです。

借入先を多く抱えすぎた人が、例えば振込額を間違えて延滞してしまうことがごく稀にありますがそういったことを防げるでしょう。
また、複数の借入先から金利を取られることがなくなりますから、それが金利分の支払いを減らすことに繋がる場合もあります。

おまとめローンとは言え新規に借入契約するのと同じ

おまとめローンを利用することでは新規に借入契約をするものですから、それに伴いデメリットが生じる場合もあります。
例えばこれまで返済に融通が利くところであったのに叶わなくなる、そのおかげで返済に難儀しやすくなった、というケースも見られます。

またおまとめローンとして提供されているものは、通常のローンよりも金利が高めに設定されていることが多いです。

おまとめローン自体が多重債務抱えた人向けに用意されているからです。
お金を貸す側にとって返済が難しくなりやすい多重債務者というのは、貸したお金が返ってこないリスクのある人と考えています。

このため万が一のことを考えて、高めの金利を付けやすいのです。
ですので金利の支払いが大きく下がるとは期待できない場合も多いです。

おまとめローンが必ずしも得とは言えない場合も

毎月の返済が楽になるそれがおまとめローンの宣伝文句に使われることも多いものですが、それが結果的に得にはならない場合もあります。

いくら毎月の返済が楽になったとしても支払い回数が増えるのであれば、結果的には金利分で支払う総額も含めて、返済総額は増えてしまいます。
借金というのは返済に時間を掛ければ掛けるほど、最終的には支払う金額が増える一面があることを忘れないようにしたいものです。

毎月の返済を楽にするのか返済総額を現状よりも減らすのか、どちらを優先するのかは個々の選択ではあるでしょう。

それにより借り換えでのメリットもデメリットも異なります。
ただ借金をまとめる際に、必ずしもおまとめローンだけがその方法ではありません。

プロミス

関連記事

  1. カードローンは何処で借りられるのですか?

  2. 高齢者でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  3. 復権(破産法の復権)っていったい何?

  4. 規制対象外というのは何ですか?

  5. キャッシング・借金の一本化って何?

  6. 債務者とは?お金を借りるときは知っておこう

新着記事

新着記事

PAGE TOP