グレーゾーン金利とは何ですか?

現在では撤廃されているのですが、少し前まではグレーゾーン金利というものが問題になっていたことがあります。
キャッシングなどで用いられていた金利のことなのですが、今でも知っておいて損はありませんので、解説していきましょう。

そもそもグレーゾーン金利ってなに?

キャッシング会社というのは貸したお金に利息を支払ってもらうことによって利益を得るというのが主な業務になります。
この利息を決めることになるのが金利です。
金利を高く設定すればするほど、キャッシング会社としては儲かるという仕組みになっています。

この金利ですが、金融機関が独自に設定することはできるのですが、ある程度の枠組みというのが法律で決まっているのです。
この法律で定められた金利を上限金利と言って、金融機関が設定する金利の上限を定めたものだと考えてください。
ここで1つ問題になってくるのが、上限金利を定めた法律が2つあったということです。
利息制限法と出資法というのですが、この2つの法律で定められている上限金利が同じなら良かったのですが、大きく異なっていたのが問題になっていたのです。

利息制限法に定める上限金利というのは15~20%という形になります。
他方、出資法では上限金利が29.2%という形で定められていました。
この内、出資法というのはここを超えれば刑事罰になるという金利を定めたものなのです。
本来であれば利息制限法に則った金利設定をしなくてはいけないのですが、刑事罰がかせられない微妙な金利であったといえるでしょう。

この微妙な金利のことをグレーゾーン金利と呼んでいました。

  • 利息制限法を超えているので、民事上では無効という形ではあるのですが、法律としては刑事罰を課せられない、そんな金利がまかり通っていたという話です。

  • 上でも2つの法律による上限金利の違いを書いたように、かなり大きな開きがあります。
    当然ですが、キャッシング会社としては儲けが大きくなる出資法の金利を限度にしていたのです。

    グレーゾーン金利が撤廃されてどう変わったの?

    そこで2010年に行われた貸金業法の改正によって、グレーゾーン金利は撤廃されて利息制限法の金利が正式に適用されることになりました。
    これによって金利が10%近く下がったと考えて良いでしょう。
    現在では利息制限法による上限金利となっていますので、少し前に比べるとかなり有利にお金を借りることができると言えます。

    • また、グレーゾーン金利が撤廃されたことによって過払い金返還請求を行うというケースも増えています。

    • これは本来の金利である利息制限法に則って計算をすると、出資法基準では返しすぎたお金というのが出てくるので、それを返してくださいとキャッシング会社に請求する方法のことです。

プロミス

関連記事

  1. 元利定額残高スライドリボルビング方式とは?

  2. プロパーローンとはどんなローンなのか?

  3. 本当に怖い?ヤミ金について

  4. 人的担保について知っておきたい事

  5. キャッシングするなら元金・元本の仕組みを知ろう

  6. 自動契約機で申し込みをしても、勤め先に在籍確認の電話はきますか?

新着記事

新着記事

PAGE TOP