保証会社とは?お金を借りる時に知っておきたい現在の保証会社

銀行カードローンを利用するに際し、契約条件に保証会社による保証が受けられることが盛り込まれている場合がほとんどです。そしてこの保証会社は多くの場合、銀行の傘下に入っている貸金業者になっています。

保証会社の役割

保証会社の役割ですが、簡単にいうと銀行の損失のカバーが主要なものとして挙げられます。

貸し付けを行った人がお金を返せなくなった場合、保証会社はこの人に代わって弁済を行います。銀行側としては、保証会社がついていることによって、借金を回収することができなくなり、損失を負ってしまうことを回避できるメリットがあるのです。

これでは保証会社が潰れてしまうのではないかと思ってしまうかもしれませんが、保証会社は借金を返せなくなった人の代わりに弁済をしたに過ぎません。代わりに弁済してもらった側は、保証会社に対して返済をする義務を負うことになり、一括や分割による返済をする形になります。

なお、冒頭で保証会社による保証が受けられることが契約の条件になっている銀行カードローンが多いと述べましたが、最終的に貸し付けを行うかどうかの審査での判断まで保証会社が行っていることもあります。

お金を借りる人にとっての保証会社のメリット

保証会社が銀行についていることは、銀行だけに良いことがあるわけではありません。お金を借りる人にとっても良いことがあるのです。

具体的に何が挙げられるのかといいますと、返済ができなくなってしまった場合の弁済は保証会社が行いますので、保証人を用意する必要がありません。保証人は簡単に快く引き受けてくれるような人がいないため、必要な場合は探すのに苦労する場合が多いですし、人付き合いをしない人は保証人の候補になるような人もいないでしょう。

また、

保証会社が存在してくれていることで、保証人を設定していた場合に返済が不可能になり、保証人を引き受けてくれた人が代わりに弁済しなければいけなくなった結果、多大な迷惑をかけてしまったり、関係が悪化してしまったりすることもないのです。

プロミス

関連記事

  1. お金を借りるうえで知っておきたいみなし弁済・みなし利息

  2. 借金と関係ある?小規模個人再生について

  3. 過払い金とは?借金している人は確認すべき過払い金について

  4. 返済の引き落とし口座が残高不足だったらどうなるの?

  5. 人的担保について知っておきたい事

  6. キャッシングの返済を待って貰うことは可能ですか?

新着記事

新着記事

PAGE TOP