人的担保について知っておきたい事

人的担保という言葉を知っていますか?
担保は契約の履行が難しい場合に、人や財産をその契約の履行の代わりに取られてしまうようなものです。
人的担保もそれに関連しているのでしょうか?

人的担保とは?

担保には大きくわけて2種類あります。人的担保と物的担保です。

物的担保とは、物や権利といった事を担保にしてお金を借りることです。もし、支払いが滞ったり、出来なくなった場合は物的担保に入れたものを手放すことになるかもしれません。

人的担保とは、お金や物を借りている債務者に財産がなく、支払いが不可能な場合に適用される担保のことです。
債務者の人間関係を利用して債権を保護するのを目的にしています。

  • 債務者以外の第三者に債務を負わせ、その第三者が債務を実行する仕組みを作らせます。人的担保を簡単に説明するとこのようになります。

  • 人的担保に近い存在

    債務者と連帯して、支払いの義務を負わせるのを人的担保になります。
    そういう点では連帯保証も人的担保の1つとイメージしていいでしょう。

    違うのは連帯保証のシステムは人的担保より債務に対する責任が重いということです。
    通常の保証では、保証人が債権者から請求された場合に、『実際に債務者のところに言ってからきてください』という方法を取ることができます。
    これを言われたら、債権者はまず最初の債務者のところに行く必要があります。

    しかし、連帯保証はこれの権利がありません。
    本人に請求するのと同じようにいきなり請求されてもおかしくない状況を作り出してしまうのです。
    人的担保もそれに近い存在だとイメージしておきましょう。

    人的担保は人に対する信用という安定しないものに依存しています。
    保証人ほど強く請求もできないので、その契約の実行は曖昧になります。

    • 担保する人に資金がなければ回収もできなくなってしまうので、一般的にはあまり利用される機会はないでしょう。物的担保や保証人システムのほうが広く使われる金融システムだと覚えておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. 嘘の情報でキャッシングの申し込みをしたらどうなりますか?

  2. 知っておきたい代位(代理)弁済について

  3. ネットキャッシングとは何ですか?

  4. キャッシングや契約の本人確認法について

  5. 未成年でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  6. 主婦が夫に内緒で借り入れすることは出来ますか?

新着記事

PAGE TOP