クレジットヒストリーっていったい何?重要性について

クレヒスと略して呼ばれることもあるクレジットヒストリーですが、これは何のことをいうのでしょうか。

まずこの点に対する答えを述べますが、クレジットヒストリーとはクレジットカードの利用履歴のことをいいます。
今回はこの利用履歴がどこに記録されることになるのか、なぜ大事なのかを解説しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

クレジットヒストリーの保存先

大きく分けて、クレジットヒストリーは個人信用情報が登録されている信用情報機関と、利用しているまたは利用していたクレジットカード会社に保存されます。
信用情報機関はクレジット契約をしているあいだはずっと、契約終了後は数年にわたり保存される決まりがあり、クレジットカード会社は各社の判断で、一時的に保存されることになるか、ずっと保存されることになるのが普通です。

  • なお、どのような情報が保存されているのか気になる人もいるでしょうが、取引の有無やしっかりとお金を支払ったかどうかが保存されています。

  • また、クレジットカード会社自体に情報が登録されるのはしかたがないとしても、信用情報機関に登録されるのはいかがなものなのかと思う人もいるかもしれません。
    しかしながら、クレジットカードの申し込みや契約に際し、信用情報機関での個人信用情報の取り扱いに同意しなければいけないため、これは避けられないことです。

    クレジットヒストリーの重要性

    積極的に利用していて、お金もしっかり支払っている場合には、別に何かローンやクレジットの契約を締結しようという場合に、審査で不利になることはありません。

    しかしながら、入金を怠っている、過去に怠っていた情報が残っている場合には、審査で不利になる可能性が高いです。

    • 延滞などのネガティブな情報は多いほど、ローンやクレジット契約を交わすことが難しくなりますので、情報が傷が付いてしまわないよう、クレジットカードを利用している人は入金しない、できないことにならないよう注意しなければいけません。

プロミス

関連記事

  1. 無人契約機で契約する流れを教えて下さい。

  2. メールローンって?よく聞くメールローンについて

  3. 勤め先での勤続年数は、申し込み時の審査に影響しますか?

  4. 自営業でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  5. 配偶者や家族が返済できなくなった場合は、本人の代わりに借金を返済する義…

  6. 「30日間無利息」という広告を目にしますが、本当ですか?

新着記事

PAGE TOP