キャッシングの申し込み時に収入証明書は必要ですか?

キャッシングを申込する時に必要な書類としては、原則として免許証などの本人確認用書類くらいです。
しかし、場合によっては収入証明書が必要になるというケースがあるのです。
ここではキャッシングにおいて収入証明書が必要になるケースにうちて考えてみます。

収入証明書が必要なケースって?

キャッシングの申込条件を見てみると、収入証明書が必要な条件が記載されています。

  • 消費者金融の場合ですと、貸出金額が50万円を超える場合は提出するという形が一般的なのですが、これは法律で明記されていることに由来するのです。

  • つまり、キャッシングに申込をする場合、希望借入額の欄に50万円以上の額を記載した場合は、収入証明書の提出を求められます。

    ちなみに収入証明書とは、源泉徴収票、確定申告書、給与明細、所得証明書などが該当するので覚えておくと良いでしょう。

    手軽に用意できるのは給与明細になるのでしょうが、この場合は直近の2ヶ月、3ヶ月といった規定が各キャッシング会社ごとにありますので、しっかりと事前確認をするようにしてください。
    ちなみに給与明細の場合、賞与明細が別に出ているのならそれも必要になるかもしれませんので、用意しておくとスムーズに契約が進むはずです。

    • もう1つ収入証明書を提出するケースとしては、複数のキャッシング会社から借入をしており、その合計が100万円を超えるという場合があります。

    • つまり、他社からの借入があるのなら、それも合算して計算することになるので、30万円・30万円と借りていて、新たに40万円を別の会社から借りるのであれば収入証明書が必要となってくると考えてください。

      銀行が行っているキャッシングでは?

      原則として上で記載した法律というのは貸金業法によるものです。
      つまり、貸金業法ではなく銀行法が根拠法となる銀行では、貸金業法の対象にはなりませんので、法律による制約というのはありません。
      しかし、一般的には貸出金額が100万円を超えるケースで収入証明書の提出を求めるということが多くありますので、銀行系であっても収入証明書は必要になってきます。
      最近では銀行がキャッシングサービスを行っていることも多く、積極的に収入証明書が不要だと謳っていることも少なくありません。

      しかし、借入をする金額によっては収入証明書が必要になる可能性もあるので、その点はしっかりと確認するようにしてください。
      また、銀行系であっても地方銀行なのであれば、100万円ではなく50万円以上を提出するルールにしていることもあります。

プロミス

関連記事

  1. 知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

  2. タイドローンって一体何?

  3. キャッシングや契約の本人確認法について

  4. リボルビング払いとは何ですか?

  5. お金を借りられない?ブラックリストって一体何?

  6. キャッシングで1日だけ借りて、翌日返済することは可能ですか?

新着記事

PAGE TOP