回収規制によるこれからの業界・回収規制の基本的な情報

回収規制はいわば取り立てを規制するものです。
貸金業者に対しては貸金業法の改正により、それからサービサーとも呼ばれる債権回収会社、早い話が取立て会社ですが、債権管理回収業に関する特別措置法により、それぞれ回収規制されています。

取立てに関する違反行為として、あれはダメこれはダメと細かく決められているので、脅しや嫌がらせを含んだ悪どい取り立て行為、それはまず出来ないように制限されています。

回収規制による借金取り立てへの大きな変化

回収規制により借金の取り立てに関して大きく変わった点と言えば、借金している本人以外とは借金契約に関して話が出来なくなったことです。

昔ならば、返済が滞っている場合に例えば家族に電話をして、借金返済の肩代わりをさせるといった取り立て方法もありました。
しかし現在ではそれは不可能なものに制限されています。

また直接に訪問をして取り立てする場合でも、やはり隣近所に借金契約に関して聞かれるわけにはいきません。
ですから自然と大声での取り立ても難しいですし、暴力的な態度を取るのも違反ですから業者側は丁寧に支払いのお願いすることを余儀なくされます。

  • 訪問回収はあまり成果が得られにくいものと、現在の業界では考えています。

  • 昔に比べ支払い延滞で訪問されるケースが少なくなったのも、このためです。

    回収規制された貸金業界がこれから相手にしたい客

    回収規制で取り立てに制限が掛かったことにより、貸金業界にとっては取り立て業務は無駄に手間を掛けるだけと考えている節があります。

    出来れば取り立てせずに済む相手を客にしたいというのが本音です。
    返済されないリスクを避けて貸付を行うというのはこれからも変わらない考えでしょう。

    現在、個人信用情報に延滞履歴がある人だとまず正規の貸金業者の貸付審査は通りませんが、これもリスクを避けたいがためです。
    また昔ならば、家族や知人に肩代わりしてもらうことが期待できたので、たとえ本人が返済が難しそうでも貸付をする場合がありました。

    例えば、専業主婦への貸付も金額に制限を設けていなかったのも、万が一には肩代わりしてもらうことを期待していたからです。

    • 回収規制により肩代わりさせた上での回収も期待出来なくなりましたので、あくまでも借金を自分で返せる人と取引したい考えです。

    • 貸金業界がこういった考えであるのはこれからも変わらないでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 破産免責っていったい何?一般的な情報と流れについて

  2. 信用情報機関についての基礎知識

  3. キャッシングする際の、お金の使い道を聞かれますか?

  4. クレジットカードの国際ブランドについて

  5. 債務者とは?お金を借りるときは知っておこう

  6. 契約者貸付とは何ですか?

新着記事

PAGE TOP