キャッシングやローンなどの延滞利息に関して知っておくべきこと

キャッシングやローンの返済で大抵は毎月何日と決まっています。
返済の支払いがその期日に遅れるならば延滞利息を付けられます。

DVDレンタルなどで返却が約束した日よりも遅れてしまえば延長料金を課せられますがそれと似たようなものです。
普段の元金返済プラス利息分の支払いに、さらに追加されますから延滞利息が付くことで余計な支払いも増えてしまいます。

ですので、キャッシングやローンにしても、出来うる限りは期日までに支払いを済ますのが得策です。

返済期日を過ぎればたとえ1日でも延滞利息は生じる

借金をして返済の支払いが遅れている場合、キャッシングやローンを利用した会社や金融機関から催促の電話を受けるはずです。

それは相手にもよりますが3日から1週間過ぎたくらいで督促の連絡をして来るはずです。
督促が来なければ延滞利息も付かないだろうと思いがちですが、期日を過ぎただけでも延滞利息は課せられています。

このため、支払いが期日より遅れるにしてもなるべく早く支払いを済ませた方がよろしいです。
特に毎回の返済額が少しで済む小口の借入だと、いつでも払えると油断して後回しにしがちです。

1日遅れただけでも延滞利息で余分な支払いが増えますから、たとえ少額の支払いでも期日までに支払いしたほうがよいです。

業者により期日前の相談で延滞利息が付かないことも

延滞利息に関して場合によって、また業者によっては融通を利かせてくれる場合も出てきます。

特に中小の消費者金融からキャッシングやローンを利用している場合にそれが当てはまります。
業者によっては期日前に支払いが遅れることをあらかじめ連絡しておくと、支払い期日をずらしてくれることになり、それに合わせ延滞利息が付かないとなる場合があるからです。

さすがに数週間以上遅れる場合には期待できないことですが、数日くらいの遅れならば、融通してくれることもあるのです。

また今回の支払いは無理そうだという場合でも、期日前に相談してみる価値はあります。
期日前に利息分のみ支払うことで延滞利息を付けられずに次回繰り越しとしてもらえる場合もあります。

返済の支払いが遅れることがわかっているのであれば、期日前に連絡してみることはとても大事です。

プロミス

関連記事

  1. カードローンの借入限度額が決まる基準は?

  2. 提携カード・提携ローンについての押さえておきたい事

  3. ローンカードの大まかな種類・知っておきたい基礎情報

  4. 規制対象外というのは何ですか?

  5. 人的担保について知っておきたい事

  6. 債務不履行って?不履行になると通常はどうなるの?

新着記事

PAGE TOP