キャッシングと利息制限法の現在について

キャッシングの世界には利息制限法という法律がありますが、この法律はここ数十年の間に非常に大きく変わりましたので、大きな変化についてその変化について解説させて頂きます。

利息制限法の現在

まず利息制限法を知らない方の為に簡単に解説させて頂きますと、利息制限法とは利息の限度を法律によって定めているものです。この上限金利に関しては、貸し付ける金額によってその金利も変わるという側面があるのですが、現在の金利としては最大でも20パーセントまでとなっている形です。

  • 貸付の金額が10万円未満という事であれば、その上限金利は20パーセントまで設定する事が可能なのですが、これが100万円未満までとなると18パーセントまでに下がり、そして100万円以上という形になった場合は、15パーセントまでと決められています。
  • しかし一つ注意しなければならないのは、基本的にはこれはあくまで消費者金融などを対象にされている法律であって、個人間の借金の場合には少し異なります。それでは個人間の上限金利はどうなっているのかと申しますと、109.5パーセントとなっています。

    しかしながら、出資法上では上限金利109.5パーセントと確かになっているものの、実際には個人の貸し借りでも利息制限法が適用されるという現実がありますので、もし大きなトラブルになった場合には、利息制限法での返済を行うと良いでしょう。それよりも大切な事は、しっかりと借用書などを個人間でも作成するという事が大切です。

    かつては暴利だった時代も

    この様に、正式な金融機関であれば20パーセント以上は利息制限法によって有り得ない訳ですが、かつては上限金利が非常に厳しい時代がありました。

    例えば利息制限法の改正前には、上限金利は09.5パーセントもあり、その後に利息が社会問題になった事もあり、73.0パーセント、54.75パーセント、そして40.004パーセントなどなど、何度も改正が行われ、現在の数値となっているという形なので、今後も変わるという可能性もあるでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 自動契約機で申し込みをしても、勤め先に在籍確認の電話はきますか?

  2. 怖い取り立てはありますか?

  3. 一括返済をする方が良い?一括返済に関するメリット・デメリット

  4. カードローンは何処で借りられるのですか?

  5. 35日の返済日があるのは何故なのでしょうか?

  6. おまとめローンがお得なのか?メリットとデメリット

新着記事

PAGE TOP