気を付けよう紹介屋詐欺の実態

突然の出費でお金が必要になってしまった。しかし、クレジットカードの限度額でもうお金を引き出すことができない。どうすればいいのか……そんな時に紹介者の詐欺はあなたを罠に嵌めるかもしれません。
紹介者の詐欺はどのような仕組みを持っているのでしょうか?

紹介者詐欺とは?

限度額一杯に借金をして、これ以上クレジットカードやキャッシングを利用することができない。
紹介屋の詐欺はそんな人に目をつけます。

『誰にでも融資できる会社です』、『低金利で貸し出し可能』……こうしたキャッチコピーを掲げて相手を惑わしてきます。

紹介屋の手口のよくある事

紹介屋の手口はこのような感じです。
お金に困っている人がキャッシングやクレジットカードを利用しようとしても限度額一杯などの理由で最初は断ります。

断られても限度額一杯だといわれると、納得してしまいます。
この時、お金を借りにきた人の大半は本当に限度額が一杯の場合が多いからです。
しかし、何とかお金を借りたいので、どうにかならないものか
そんな時に紹介屋の手口が発揮されます。
紹介者は名前の通りに、ほかの金融機関を紹介してくれるのです。
限度額一杯で借りられなかったと思っていたのに、ほかの金融機関を紹介してくれた。当人にすればありがたい話のようです。
しかし、ここに落とし穴があります。
紹介した会社の謝礼という形などで、借りた金額には法外な金利がかかっていたり、手数料の形でお金が減らされている場合があるのです。
当人は、借りられた嬉しさでその事に気づかない場合が多いです。

紹介屋の詐欺は実際にはさらに複雑にやり取りされています。
無名の消費者金融だけではなく大手の会社も紹介される場合があるので注意が必要です。

紹介屋の詐欺を防ぐには、怪しい消費者金融を利用しないことです。必ず金融庁のホームページで貸金業の登録をしている正規の会社かどうか確認するようにしましょう。

もし、紹介者の詐欺に合ってしまったらすぐに警察や弁護士に相談しましょう。

プロミス

関連記事

  1. 無担保ローンとはどんなローン?キャッシングやカードローンの場合は?

  2. 個人再生と借金について

  3. 返済する際のリボルビング払いの使い道と注意点

  4. 良く聞くサラリーマン金融・サラ金とは?

  5. 人的担保について知っておきたい事

  6. お金を借りるなら実質年率を知っておこう

新着記事

新着記事

PAGE TOP