事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






連帯債務についての基礎知識と注意点

お金のトラブルで多いのは、連帯保証人や連帯債務者です。友人や恋人にお願いされ、ついつい引き受けてしまった連帯債務者。あまり馴染みのない単語ですが、どのような意味を持っているのでしょうか?

連帯債務者と連帯保証人の違い

連帯債務者と連帯保証人は似ている単語です。法律やキャッシング・カードローンなどに詳しくない人は、同じ意味を持っていると勘違いしている人も多いはずです。両者は似ていますが、まったく違う性質を持っているのです。

まず、連帯保証人は主な債務者と連帯して債務の保証に責任を持つ人をいいます。失踪などにより債務者と連絡がつかなくなったら、お金を貸している債権者はすぐに連帯保証人に取り立てにいきます。主となっている債務者がいるうちは危険性がないのが特徴です。

  • しかし、連帯債務者は『一緒になって借金を返済する』ことが連帯保証人と違った部分になります。お金を貸している債権者は、主となっている債務者と連帯債務者のなかから好きな人数から取り立てをすることができます。主となっている債務者1人の場合もあれば、契約を結んだ債務者も取り立てられる可能性があります。連帯保証人と異なり、主となっている債務者がいるいないに関わらず取立てが行われるのです。

連帯債務者になってしまうとき

連帯債務者は住宅ローンを組むときによく利用されるシステムです。夫1人の収入で住宅ローンの審査が通らないときなど、妻の収入を合算させ、妻を連帯債務者にさせるのです。

連帯債務者は離婚し、その住宅に住んでいようがいまいに関わらず責任が向かってきます。離婚して、家に住んでいなくても連帯債務者である本人がお金やローンを貸したことに法律上はなっているのです。債務者の責任から逃れるのは非常に難しいのを忘れないようにしましょう。

連帯債務者の責任は相続でも影響を与えます。借金と同様の負の遺産なので、相続する場合も連帯債務者かどうかの確認はしておいたほうがいいでしょう。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングの金利計算ってどういう仕組み?

  2. 限度額はどのようなタイミングで上がりますか?

  3. 知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

  4. 債務者とは?お金を借りるときは知っておこう

  5. タイドローンって一体何?

  6. 銀行系と銀行系以外の消費者金融の違いを教えて下さい。

新着記事

新着記事

PAGE TOP