履行遅滞をすると一般的に今後はどうなるの?

キャッシングやカードローンには独特の法律用語が出てきます。その1つが『履行遅滞』です。あまり馴染みのない単語ですが、履行遅滞を起こしてしまうといったいどうなってしまうのでしょうか?

履行遅滞とは?

  • 履行遅滞とは約束の期限に間に合わないことを意味しています。例えば、『契約書に●月●日にお金を支払う』とあったのに、約束の日を過ぎてもお金を支払わないと履行遅滞となります。
  • 履行遅滞は債務不履行の1種と法律的には言われています。債務不履行の1つである履行遅延は、返済の期日が返済しない、それに対して正しい行動を取らないことを意味します。

    履行遅延を起こすとどうなるか?

    履行遅延と起こすと、どうなってしまうのか……まず、遅れて返済できるかどうかが最初のポイントになります。

    遅れて返済できるのであれば、延長してくれる可能性もあります。それで返済できれば両者の理解があり問題ありませんが、それでも支払いができない場合、履行不能となってしまいます。履行不能とはもう返すことができなくなり、約束が守られなくなっている状態です。

    民法では、履行遅滞に対してどうのようにするべきか法律で定めています。まず履行を強制することが最初のステップになります。さらに約束や支払いが守られなかった場合の損害賠償の請求も行われることになるでしょう。正常に行われていない場合を理由に契約の解除が認められていますが、キャッシュローンやカードローンではあまり行われないでしょう。

    • お金を借りるとき、どうしても返済できなくなってしまう可能性は誰にでもあります。貸してくれる相手に迷惑をかけないために、正しいキャッシングやカードローンの知識を持って返済するのが一番の方法になります。
      借りるときは、自分が返せる身の丈にあった金額を選ぶのが一番です。そうしないと、履行遅滞となり強制執行や損害賠償の請求が起こる可能性があるからです。こうしたことが起こらないように、十分に注意してお金のやりくりをしましょう。
プロミス

関連記事

  1. 信販会社っていったい何?

  2. 元利定額残高スライドリボルビング方式とは?

  3. 怖い取り立てはありますか?

  4. キャッシングの自動受付機での審査は、他の申し込み方法での審査と内容に違…

  5. 気を付けたい!?押し貸しに関する実情と被害

  6. 回収規制によるこれからの業界・回収規制の基本的な情報

新着記事

PAGE TOP