お金を借りるときに知っておきたい法定利率法定利息

法定利率や法定利息は、法律によって定められている金利の上限のことです。融資を受ける際に把握しておいたほうがいいのは、利息制限法と出資法により定められている法定利率法定利息です。

利息制限法&出資法上の法定利率法定利息

まず利息制限法により定められている上限金利ですが、借金の額が100,000円に満たない場合は実質年率20%と定められています。また、100,000円以上1,000,000円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%が上限金利として定められているのです。

なお、利息制限法で定められている上限金利をオーバーして貸し付けを行う事業者(貸金業者)は貸金業法による行政処分を受けることになります。

次に出資法ですが、借金の額に関係なく20.0%が上限金利として定められています。この金利を超えた貸し付けを行った場合も、やはり罰則を受けることになるのです。

  • お金を借りる場合には、この2種類の法律で定められている金利のパーセンテージを超えていないか、必ず確認しましょう。そしてもしも超えていた場合は違法業者ですので、絶対に手を出してはいけません。
  • グレーゾーン金利と現在の上限金利

    過去には利息制限法を超えていても罰則が設けられておらず、罰則のある出資法の上限金利が29.2%であったため、利息制限法上の上限金利である15~20%を超え、資法の上限金利を超えない範囲での貸し付けが横行していました。

    • この罰則のない範囲内の金利のことをグレーゾーン金利といいますが、過払い金返還請求の対象であり、多くの人が払い過ぎた借金を取り戻しています。過去に貸金業者と取引を行ったことがある人は契約内容を見直し、過払い金の有無を確認してみてはいかがでしょうか。

    実際に発生していた場合には、法律家の手を借りるか、自力で過払い金返還請求をすることで取り戻せます。今は法律が改正されたことにより、前述したように利息制限法に罰則が設けられ、出資法の上限金利も引き下げられたため、グレーゾーン金利での新たな貸し付けを行っている貸金業者はありません。

プロミス

関連記事

  1. 借金の時効が成立するのはどういった条件ですか?

  2. 知っておきたい約定金利 ・約定日についての情報

  3. 現在のキャッシング・カードローンの融資限度額事情

  4. 短期金利 とは?短期金利の構造について

  5. タイドローンって一体何?

  6. お金を借りる時に知っておきたい定率リボルビング

新着記事

PAGE TOP