カード紛失したらどうなる?カード盗難保険を活用しよう!

クレジットカードを紛失すれば悪用される恐れがないとは言えません。
万が一、クレジットカードを悪用された場合に補償してくれる手段は用意されているものです。

カード盗難保険とも言えるべき保障制度が大抵用意されていますので、それを活用すればよろしいわけです。
たとえ他人に悪用されてキャッシングに利用されたとしても保障制度が用意されているおかげで、不本意に返済することは避けられます。

手続き不要のカード盗難保険も連絡は不可欠

カード盗難保険や保障制度は、付帯保険同様に手続き要らずで適用されているのが常です。
そのためクレジットカードを紛失したり盗まれたりした際に、改めて手続きをする必要は生じません。
ただし紛失や盗難に遭った場合は、たとえ海外でも専用デスクへ連絡を入れることは必要です。

少なくとも、カード悪用による被害を小さく抑えるために、一時的ではあれカード利用の停止をする必要があるからです。

それに加えて最寄の警察に通報することも必要とされます。
保障制度を活用するための手間は要りませんが、連絡を入れることはしないわけにはいかないのです。
クレジットカードが悪用された場合の保障制度やカード盗難保険は、大抵は連絡した日の60日前を起点としてそれ以降に悪用された分を、補償してくれます。

  • 無期限で補償が受けられるわけではありませんから、カードの紛失や盗難に気付いたら、すぐさま連絡を専用デスクに入れるのが無難です。

  • 場合によりカード盗難保険や保障制度も活用出来ず

    カード盗難保険や保障制度を活用しにくいケースも存在します。
    ですのでカード盗難保険や保障制度があっても管理に油断は出来ません。具体的には家族や友人に勝手に使われた場合が当たるでしょう。

    完全な他人に悪用されたのであれば盗難され悪用されたことを信じてもらえますが、悪用した相手が家族や友人となると信じてもらうのが難しくなりやすいです。
    これは知人にわざとカードを使わせ、その上で保障制度を悪用して支払い分をゼロにしようと企んだ詐欺も現れたからです。

    • カード盗難保険や保障制度のおかげで他人にカードが盗まれても損害は少なくなりましたが、その一方で身内に勝手に使われないように気をつける必要が増したのです。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングに関する日割り計算で知っておくべき情報

  2. 戻し手数料・戻し利息についての知っておきたい情報

  3. 学生でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  4. 連帯保証人の仕組みと注意点

  5. 実質年率とは何ですか?

  6. 未成年でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

新着記事

PAGE TOP