女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






多額債務者・多重債務者とはどういう状態か?

記事更新日:2019年12月6日
記事公開日:2016年3月9日


キャッシングやカードローンでお金の融資を受けるという事は、誰にでも可能性のある事でそれ自体は大きな問題ではありません。
特に大きな買い物を行う場合には一括で支払いを行うというのも難しいですから、上手くショッピングローンやキャッシングなどを活用されれば良いですし、月末などにはどうしても手持ちの現金が少ないという事態も起こりますから、翌月分をキャッシングなどで前払いしてもらったと考えて、無理のない金額を計画的に利用をすれば、返済が難しくなる様な事もありません。

しかし、キャッシングやカードローンの返済で首が回らなくなってしまっている様な方も多数いらっしゃいます。

多額債務者・多重債務者とは

返済が難しくなっている多くの方は、多額債務者か多重債務者という状態に陥っているパターンがほとんどです。
これらについてまずは解説させて頂きます。

まず多額債務者という状態についてですがですが、
『多額債務者とは、ご自身の返済能力を超えた金額の債務を負ってしまっている状態の方』を指します。

これによってどういった事が起こるのかといいますと、返済能力を超えているので、利息の支払いが困難になり、徐々に返済が滞ったり遅れたりする事になり、将来的に破綻する可能性の高い状態となります。

次に多重債務者ですが、『多重債務者とは、クレジットカード会社や消費者金融など、複数の業者から融資を受け、その返済が困難になっている状態の方』を指します。

つまり、多額債務者というのは業者の数は関係なくその債務の金額によって呼ばれ、多重債務者というのはその債務の金額ももちろんの事、業者の数の多さによってそう呼ばれるという事になります。

多額債務者と多重債務者の使い分け

複数の貸金業者から融資を受けていたとしても、その金額が少なければ多重債務者とは呼びません。
そういった意味で言うと、多重債務者と多額債務者という呼び方に関しては、あまり使い分けをされず、同じような意味で使用される事が多いです。
多額・多重債務者といった形でひとくくりにされる事も多く、あまり深く違いを気にする必要は無い様です。

しかし日常生活は苦しく、常に頭にはお金の返済の事でいっぱいだと思います。

必要に応じてお金を借りることが必要な場合もありますが、きちんと計画的に使うように心掛けましょう。

監修者(稲村優貴子)のアドバイス

借りすぎている債務者の「額」が多すぎれば「多額債務者」、「借入先」が複数で額も多すぎる場合「多重債務者」と言います。
実際のところ1社では借入限度額があるため「多額債務者」になることは少なく、複数社から借金を重ねることで「額」が増えて「多重債務者」になるためこちらを見聞きする方が多いと思います。いずれにせよ返済が大変な状態ですので、借入は自分の身の丈にあった使い方が必要です。

監修者(稲村優貴子)プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 信用情報センターとは何ですか?

  2. 会社や家族に知られずにキャッシングやカードローンを利用できますか?

  3. 回収規制によるこれからの業界・回収規制の基本的な情報

  4. 返済が遅れてしまい、借金返済催促の電話を無視し続けるとどうなりますか?…

  5. カードローンの返済が遅れると、勤め先や自宅に取り立てが来ますか?

  6. 自営業でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

新着記事

新着記事

PAGE TOP