極度額と限度額の違いを教えて下さい。

キャッシングやカードローンの借入可能額を示す言葉には、限度額と極度額があります。
どちらも発音は似ていますが、その意味は微妙に異なっているのでその違いを覚える必要があります。
ここでは、限度額と極度額について、それぞれどんな意味があるのかを解説していきます。

限度額と極度額の知っておきたい事

いわゆる借入枠を示すことばとしてなじみがあるのは、限度額のほうでしょう。
これは融資限度額とか、利用可能額などとも呼ばれていますが、要するに現時点での借入限度額のことです。

今後、条件次第で増額ができる道は開かれていますが、とりあえず現段階で借りることができる最高額、それが限度額です。

おおむねどこの会社でも、限度額はその時点での収入や職業などの属性で決定されます。
その属性が徐々に高まっていけば、さらに借入金額を増やすことが認められますが、これを増額といいます。

一方極度額とは、その会社がその人に貸し出せる最大金額のことをいいます。

これは契約限度額、借入極度額などとも呼ばれますが、どんなに属性が高くなってもそれ以上は借りられないという最大額、それが極度額だと思っていいでしょう。

逆に言えば、契約時点での融資限度額が小額であっても、条件を良くしていくことで極度額までは借りられることになります。
総括すれば、限度額は現在借りられる最大金額、極度額は最終的な借入限度額ということができます。

一例として、限度額30万、極度額60万円に設定されていたら、最初は30万円からスタートして、その後、条件次第で最大60万円まで借りられるようになるということを意味しています。

限度額を増やす方法

ところで、条件を良くしていくことで極度額まで借りられるようになるといいましたが、具体的にどうやって条件を良くすることができるのでしょうか。
実はこれは、最初に申込みを受けたときに審査基準となった属性を高めていくことで条件をよくすることができます。
最初の審査では、年収、勤務先の規模、勤務年数、加入保険、居住形態、年齢、信用情報などがチェックされたはずですが、こうした属性をその最初より高めていけば、返済能力と信用力が高まったと評価されて、増額審査に通りやすくなります。

よって、極度額まで借りられるようにしたいと思ったら、年収を増やしたり、勤務年数を長くするなどして、今より属性を高めるようにしてください。

なお、居住形態は持ち家のほうが有利ですが、賃貸アパートに住んでいても家賃の支払いがちゃんと続いていて滞りがなければ、そのことが評価されます。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングを土日に申し込むと、現金はいつ貰えますか?

  2. キャッシングとは?まずはキャッシングの簡単な仕組みを把握しよう

  3. 闇金とは何ですか?

  4. 元利定額残高スライドリボルビング方式とは?

  5. キャッシング審査に落ちる原因を教えて下さい。

  6. 過去にキャッシングの審査で落ちていたら、他社で新たに申し込んでも審査通…

新着記事

PAGE TOP