カードローンの返済方法について教えて下さい。

カードローンは借りたら返さなければなりませんが、返済方法はいくつかあります。
それぞれに特長があり、どの返済方法を選ぶかというのはとても重要なポイントになるので、事前によく調べておく必要があります。
カードローンの返済方法については、どこで返済するか、そしてどんな支払い方法を用いるか、この2点を考えておかなければなりません。

どこで返済するか?は大事です

カードローンの返済ができる場所としては、店舗ATM提携のコンビニATM口座振替振込み返済があります。

どの方法を選んでも返済できればそれで問題ありませんが、自分のスタイルに合った方法を選ぶほうがいいので、それぞれの特徴を見分けておいてください。
ATMの良さは、慣れ親しんだコンビニATMでも返済ができることでしょう。
普段からよく使っているコンビニなら、恥ずかしさを感じることもなく、気楽に足を運んで返済処理を行うことができます。
ただしATMの場合は、背後から個人情報を盗み取られることがないよう、セキュリティー対策をしっかりしておかなければなりません。

口座振替は、あらかじめ指定しておいた自分の口座から返済額が自動的に引き落とされていくシステムです。
口座振替のメリットは、返済のために店舗やATMに足を運ばなくてもいいことです。
口座に入金がなされていれば後は自動的に引き落とされていくので、機械を操作しなくても、また人に会わずに返済することができます。
さらに、期日を忘れやすい人が完済するうえでも、口座振替はとても便利であるといえるでしょう。
振込返済は、指定されたカードローン口座へ直接振込を行う返済方法です。
こちらも自由度の高い返済方法でなじみもありますが、振込手数料は自分で負担しなければなりません。

どんな支払い方法にするか?

返済するときの支払い方法は全部で4つありますので、それを確認しておきましょう。

4つの方式とは、分割払いリボルビング払い元利均等払い元金均等払いです。

分割払いは最もオーソドックスなもので、分割回数の分だけ当初の利息が上乗せされ総支払額は大きくなりますが、方法は分かりやすくてシンプルなものです。

リボルビング払いは、こちらも一般的な主流の返済方式ですが、元本に応じた利息を支払いながら返済していきます。
カードローンの特性に最も適した返済方式ともいわれ、多くのカード会社で用いられています。
元利均等払いは、長期的な返済を行う場合に有効な方式で、元金と利息を合わせた金額について、毎月一定金額で返済していきます。
こちらは住宅ローンの返済ではもっと広く利用されている方法だといわれています。
最後に元金均等払いとは、必要月収が高くなる方式で、元金と利息を合わせた返済額が、支払い回数が進むにつれて減少していきます。
元利金等返済よりも元金の現象が早いのが特長ですが、返済開始当初の負担が重くなります。

プロミス

関連記事

  1. 一般的に消費者ローンとはどんなローンなのか?

  2. すぐに借りる予定はない人でも、キャッシングのカードを作っておくことは可…

  3. 個人信用情報で気を付けること

  4. 本当に怖い?ヤミ金について

  5. 初めての場合はいくらまで借り入れすることが出来ますか?

  6. 自由返済はどのような返済なのか?

新着記事

PAGE TOP