ミニマムペイメントってどういう仕組み?

ミニマムペイメントとは、借金の返済方法の一種です。最少返済義務額ともいわれますが、どのようなシステムになっているのでしょうか。このような疑問を感じている人のため、ミニマムペイメントの仕組みを解説していきます。

ミニマムペイメントの仕組みとは?

クレジットカードの利用を例として挙げますが、ミニマムペイメントが返済方式として採用されている場合、カードの利用を行った月の月末に、利用残高に応じた最低返済義務額が決定されます。

たとえば利用残高が10万円に満たない場合の最少返済義務額は月額3,000円、利用残高が15万円以上で20万円に満たない場合の最少返済義務額は月額5,000円といった具合に決まるのが特徴です。

当然といえば当然ではありますが、利用残高の金額が高くなればなるほど、月々の最少返済義務額も連動して高くなります。

ミニマムペイメントのメリットとデメリット

先にメリットを紹介しますが、概して月々に返済しなければいけない最低金額が安いことが挙げられます。最低金額が安いということは、返済負担が軽いということになります。

利用のしすぎは最低金額も高くなりますし、完済までの期間も長くなり、利息の負担も増すのでおすすめしませんが、家計を圧迫しない範囲で上手く利用していけば金銭的にピンチな状況を切り抜けるなどすることに役立つでしょう。

一方、ミニマムペイメントのデメリットですが、繰上返済に対応していない場合があります。繰上返済に対応していないとどのような不都合があるのかといいますと、お金に余裕があるときに月々の支払いとは別にまとめて返済を行いたいと思っても、これができないのです。

ただし、月々の返済額の変更に対応してくれるところが少なくありません。ミニマムペイメントの額を増額することで、繰上返済はできないものの、早期の完済に繋げていけるのです。そのほか、繰上返済の名目では対応していなくても、ボーナス払いなどの形での完済に対応してくれる場合はあります。

プロミス

関連記事

  1. 元利定額残高スライドリボルビング方式について知っておきたい事

  2. ブラックリスト一旦載ってしまうと、その後は一切お金は借りられませんか?…

  3. クレジットカードのキャッシング枠とカードローンとの違いは何ですか?

  4. 戻し手数料・戻し利息についての知っておきたい情報

  5. 信販会社と消費者金融の違いについて教えて下さい。

  6. お金を借りるなら実質年率を知っておこう

新着記事

新着記事

PAGE TOP