保証人はキャッシングやカードローンでは必要か?一般的な保証人について

結論をいいますと、ほとんどの場合キャッシングやカードローンで保証人を設定する必要はありません。お金を借りるにあたり他人にお願いして保証人になってもらう手間がありませんし、返せなくなった場合に代わりに支払わせることになり、迷惑をかけることもありません。

どうして保証人を設定する必要がないのか

保証人が不要だと、貸す事業者側に借りている人が返せなくなった場合、回収できなくなってしまうリスクがあります。ただ、キャッシングやカードローンは小口融資のため、回収不能となっても一件だけだと事業者が潰れるほどの致命的な損失になることは基本的にありません。

これが保証人の設定が要らない理由の一つなのですが、もう一つ設定しなくてもいい理由があります。

それは保証会社の存在で、お金を貸す事業者に保証会社がついている場合、お金を借りている人が返せなくなった場合、保証会社が借りている人の代わりに弁済を行います。借りている本人が返せなくても保証会社がついていると確実に回収をすることが可能なため、借りる人が保証人を設定しなくても良くなっているというわけです。

保証人の設定が不要な契約のメリットとデメリット

保証人には絶対になってはいけないと、家族などにいわれた経験がある人は多いでしょう。そのため、どれだけ親しい間柄の人にお願いされても、保証人にだけはならないと決めている人が大勢いるはずです。自分がお金を借りる際に保証人の設定が必要となると、探すのに非常に苦労したり、最悪だれもなってくれないこともあります。

なってくれる人を探す時間が長いほど借りるタイミングが遅れますし、見つからないとお金を借りること自体がなくなってしまうのです。これがなくスピーディに契約を交わせるのがメリットといえますし、保証人探しのためにさまざまな人に頭を下げて歩いて、自分の印象を悪くしたり、交友関係などに亀裂が生じたりすることがないのもメリットでしょう。

ただし、保証人が不要だと回収不能になるリスクが大きい分、借りられる金額が安くなってしまうことがデメリットとして挙げられます。

プロミス

関連記事

  1. 浮き貸しっていったい何?

  2. 債権回収とはいったいどうなっているの?

  3. 信用情報機関についての基礎知識

  4. キャッシングの返済を待って貰うことは可能ですか?

  5. 貸金業規制法って昔と今はどう変わっている?

  6. 破産管財人とは?破産管財人について知っておきたい事

新着記事

PAGE TOP