過払い金とは?借金している人は確認すべき過払い金について

過払い金は消費者金融やカード会社など貸金業者に対して、利息制限法で定められた上限金利を超えて支払った利息分を指します。
利息制限法の上限金利は借入金額により20%、18%、15%の年率ですからそれを超えた金利が適用されていたのであれば、過払い金が発生します。

過去10年間の過払い金については、払い戻し請求が可能なので、借金していた人は確認すべきかもしれません。

ただしつい最近借金をした場合には過払い金が発生することは有得ません。

2010年の貸金業法改正で実質的に利息制限法で定められた上限金利を超える契約は出来なくなりましたから、最近やこれからの借金では生じません。

かつては過払い金も含めて払うのが当たり前だった

かつて借金をして、返済の際に過払い金も含めて支払いをしていたのは、貸金業者が出資法での上限金利内でお金を貸していたからです。
出資法の上限金利の範囲内で利息をつけている分には合法だったのです。
現在は出資法の上限金利も利息制限法のものと変わりません。

しかし改正前は出資法の上限金利は年29.2%でしたし、過去には年109.5%という時代もあったので、利息制限法での上限金利とはかなり差がありました。

ただ、2006年の最高裁での判決が出るまでは、利息制限法の上限金利を超えた利息分は過払い金である、といった判断ではなかったため貸金業者から高すぎる利息での借金を泣く泣くしていたのです。

過払い金といった余計な支払い分が生まれた原因

元々貸金業者との借金契約、金銭消費貸借契約と言われますが、金利の利率はお金を貸す側それから借りる側のお互いの合意で、自由に決めることができるものです。

ですが、お金を貸す側が強引に金利を設定し借りる側が仕方なく応じる、そうしたケースも出易いため法律で金利の上限を設けています。

それが利息制限法の上限金利であり古くは明治時代から存在しています。
そして貸金業者が特に少額の貸付をする場合には利息制限法の上限金利では

利息からの儲けも小さい事を鑑みて、昭和29年に出資法が制定され、引き上げられた上限金利が適用されたのです。

こういった経緯があり高いほうの出資法の上限金利で制限されたおかげで、過払い金が生じる元が作られてしまったわけです。

プロミス

関連記事

  1. クレジットカードの国際ブランドについて

  2. 初めての場合はいくらまで借り入れすることが出来ますか?

  3. 超過利息返還請求権とは?

  4. 高齢者でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  5. 知っておきたい貸出金利・貸付金利について

  6. トイチっていったい何?よく聞くトイチの仕組みと被害について

新着記事

PAGE TOP