アルバイトやフリーターでもキャッシングで借り入れは可能ですか?

一般にアルバイトやフリーターだと、キャッシングの審査に通りづらいといわれています。
これは、アルバイトやフリーターの収入が安定していないと思われているからです。
ところが、いくつかの条件を満たすことによって借入できるようにすることができます。
その条件とはどんなものか、これから一つ一つ解説していきます。

収入の安定性と在籍確認ができること

アルバイトやフリーターがキャッシングの審査で落とされることがあるのは、収入が安定していないと思われているからです。
それは金額の問題もありますが、それ以上に収入の継続性に不安があるとみられています。
正社員のような正規雇用であれば簡単にやめさせられることがなくて、収入が続くと思われていますが、アルバイトの場合はいつ辞めさせられるか分からないと思われているので、その点で収入の継続性を不安視されているのです。

したがって、非正規雇用のアルバイトやフリーターは、収入面で審査が不利になるのは間違いありません。
ただし、逆にいえば、収入の安定性や継続性が認められれば審査に通りやすくなるともいえます。

  • 例えば、アルバイトではあっても一つの職場で何年も勤務年数を重ねておくとか、職場で実質的に正社員と同じ待遇を受けている状況があって、それをアピールすることができれば、審査は有利になるでしょう。

  • また、アルバイトやフリーターの場合、職場への在籍確認ができないことから審査に落とされてしまうこともあるので、この点を注意して、ちゃんと在籍確認ができるように準備しておくのもいいことです。

    消費者金融のほうが審査に通りやすい

    アルバイトやフリーターでもキャッシングを利用するためには、アルバイトやフリーターの申込みを歓迎しているところに融資を申し込むことも必要です。
    お金の貸し手にもいろいろなところがあって、より審査の厳しい銀行のような金融機関もあれば、審査が比較的緩く、アルバイト・フリーターもウェルカムにしている消費者金融のようなところもあります。

    ですから収入が低いなど属性に自信がないときは、審査に通りやすい消費者金融に申込んでみるのも一つの方法です。

    • 消費者金融は最初から低収入の人にも積極的に融資を行うことをモットーにしていますので、安定収入と本人確認さえできれば、雇用形態には関係なく借入ができる可能性があります。

    • ただし、最近は消費者金融以外の銀行や信販会社でも雇用形態に関係なく融資するところが増えていますので、こうした傾向にも注意を払っておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングと利息制限法の現在について

  2. キャッシングした履歴は、何年くらい信用情報センターに保存されますか?

  3. フリーローンについての知っておきたい情報

  4. 知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

  5. 返済の引き落とし口座が残高不足だったらどうなるの?

  6. キャッシングに連帯保証人や担保が必要ですか?

新着記事

PAGE TOP