年金受給者でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

年金生活を送ってる高齢者の中には、年金だけでは暮らしていけないという場合もあるかもしれません。
そのような場合に、キャッシングを利用したいと考えるかもしれませんが、高齢者のキャッシング利用は難しいこと、しかし条件次第では借りられることを知っておくといいでしょう。
また、キャッシングではなく公的な融資制度を利用して借金することもできます。

年金受給者がキャッシングを利用する方法

基本的な前提としては、まず高齢者がキャッシングを利用することは、仕事をしている現役の若者が利用するよりもハードルが高いことを知っておかなければなりません。
それは、年金収入だけでは返済能力が心もとないこと、また若い人よりも先が長くないので、寿命の点から貸し出すリスクが高いということがあります。

そんなわけで年金受給者には貸し渋る傾向があるわけですが、しかし、二つの条件を満たすことによって借りられる可能性があります。

一つは年齢が65歳以上70歳未満であること、もう一つは年金以外の収入を作ることです。

この二つの条件を満たせば、絶対ではありませんが借りられる可能性があります。
そもそも年齢については、69歳まで借入可能にしているところが多く、よく見聞きする大手の消費者金融ではほとんどが69歳までを借入可能にしています。
ということは、70歳未満のほとんどの人が年齢条件はクリアできることになります。
そして、消費者金融のキャッシング審査ではとにかく安定収入が大事なので、年金以外にも収入があれば審査はとても有利になります。

公的な融資制度の利用

年金受給者が借入を行う方法はキャッシング以外にも、公的融資制度の利用があります。
これは国家の融資制度を利用して国から融資を受けることですが、審査に通ることができれば、使い道を気にせず保健、医療、生活資金など、いろいろな方面にお金を使うことができるようになります。

このようにお金の使途に制限がないことに加えて、公的融資制度のメリットは、金利が低いことです。
キャッシングやカードローンに比べて年利が格段に低く、なんと年利1.6%で借りることができるのです。
年金受給者が国から借りる場合は「年金担保貸付制度」を利用することになりますが、キャッシングが利用できないときの選択肢としてこれを覚えておくといいでしょう。

ちなみに年金担保貸付を行っているところは、日本政策金融公庫と独立行政法人福祉医療機構という、二つの組織だけです。
これ以外にも年金担保貸付を行っているところがあるかもしれませんが、それらは全て違法業者にあたりますので注意してください。

プロミス

関連記事

  1. どのくらい返済が遅れると、ブラックリストに載りますか?

  2. キャッシングに申し込むと、勤め先に在籍確認をされますか?

  3. 過去にキャッシングの審査で落ちていたら、他社で新たに申し込んでも審査通…

  4. 転職の前後で審査通過率が変わるというのは本当ですか?

  5. アルバイトやフリーターでもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  6. キャッシングを利用して借りたお金を繰り上げ返済することは可能ですか?

新着記事

PAGE TOP