自己破産をしたことのある人でもキャッシングは出来ますか?

借金を整理するための最終手段が自己破産を初めとした債務整理です。
この自己破産ですが、一度してしまうとキャッシングは二度とできなくなると考えている人も多いです。
この話が本当のことなのかどうかを考えていきましょう。

自己破産後にキャッシングはできる?

自己破産をはじめとした債務整理というのは、借金の減額をしたり、借入そのものをゼロにしてしまうというものです。
特に自己破産は裁判所で認められると、自分の財産を放棄するかわりに、借金をゼロにしてもらえる制度になります。
これを考えると、自己破産をしてしまうと、二度とキャッシングできないのも当然だと言えるかもしれません。
しかし、実際にはそこまでではありません。

実は自己破産を初めとした債務整理を行うと、個人信用情報に事故情報として記載されてしまいます。

この情報が残っている限りはキャッシングを利用できないと考えてください。
特に自己破産を行っている場合ですと、以前使っていたカードも使えなくなっているはずですので、新規に申込をするしかありません。
しかし、申込をしたとしても審査の段階で自己破産を行っていることがわかってしまいますので、審査に通ることができないのです。

この個人信用情報における事故情報ですが、永久的に保存されるものではありません。一般的に5年~10年程度だと考えられていますので、自己破産後10年以上経過していれば消去されていると考えることができます。

ただし、個人信用情報からは事故情報が消去されていたとしても、自己破産時の対象となった金融機関からは借入ができない可能性が高いです。

その理由としては、金融機関としても独自に顧客の情報を集めており、債務整理をするなどした場合は、要注意リストに登録されてしまいます。
こちらは信用情報機関のように一定の時間が経過することで消去されることはなく、そのまま会社で保管されるそうです。
結果、その金融機関とグループ企業においては新規の申込は永久的にできないと考えておいて良いでしょう。

自己破産後には絶対にキャッシングできない?

近年では中堅どころのキャッシング会社では、事故情報の記載があったとしても審査に通過できると謳っているところがあります。
そうしたキャッシング会社を利用することで、わずかではありますがキャッシングを利用できる可能性はあります。
ただし、限りなく狭いものですので、過度な期待はしないようにしてください。

また、時間経過を待つのであれば、自分の年収を増やしたり、安定した職業につくようにするなどが効果的だと言えるでしょう。

プロミス

関連記事

  1. ボーナス返済の上手な活用法について

  2. ネットキャッシングのメリット・デメリット

  3. 借金・過払いに関する引き直しとは?

  4. 元利定額残高スライドリボルビング方式について知っておきたい事

  5. 自動契約機でカード発行後は、すぐにキャッシングが可能ですか?

  6. キャッシングする際の、お金の使い道を聞かれますか?

新着記事

PAGE TOP