すぐに借りる予定はない人でも、キャッシングのカードを作っておくことは可能ですか?

お金のトラブルというのはいつくるのかわからないものです。
病気をしたり、事故にあって怪我にあったりと予測できない部分が多く、いざという時に限ってお金がないということも珍しくはありません。
そうした時には、どこかからお金を借りてくる必要があるのですが、なかなかお金のトラブルというのは相談できないものです。
家族や友人だからこそ逆に相談できないという人も多く、トラブルが起こった時には手詰まりになってしまう可能性があります。

そこで万が一の時に役立ってくれるのがキャッシングです。
キャッシング契約をしておくことで、万が一のことが起こった時にでも誰かに心配をかけることなく、お金を工面することができます。
ここで1つ疑問に思うのが、すぐに借りる予定がなくても、キャッシングに申込ができるのかという話です。

キャッシングはすぐに使う予定がなくても大丈夫なの?

基本的にキャッシングというのは契約をしたからお金を借りなければならないというルールはありません。
ですので、すぐに借りる予定がなかったとしても申込をすることができます。
結果、審査に通る通らないはまた別の話になるのですが、申込条件を満たしているのならそこまで気にする必要はないでしょう。

キャッシングの場合、契約をしておくことでカードを手元に持っておくことができます。後は必要になった時のみ使えば良いという形ですので、まったく問題はありません。

ちなみに借入をする時には、インターネットであったり、コンビニに置いてあるATMから利用するのが一般的です。

ちなみにですが、すぐに借入をしない場合の申込はどうするのかという疑問を持つ人もいるかもしれません。

キャッシングの申込では融資希望額という欄があります。ここの欄を0という表記にしておくと、契約だけをすることができるのです。

また、希望限度額という欄がありますが、こちらはどのくらいまで借りたいのかという額になりますので、自分の借りたい額を記入しておいてください。
ただし、希望限度額に関しては、記入した通りの額になるとは限らないですし、自分の収入とあまりにもかけ離れた額を書いてしまうと、審査で落とされることの要因にもなってきますので、慎重に決めておくべきです。

利用限度額はどうやって決まる?

キャッシングでは契約を結ぶことになると、利用限度額というものが設定されます。
これが希望額になる場合もあれば、希望額よりも減少することもあるのです。
一般的に消費者金融の行うキャッシングの場合、総量規制の適用がなされますので年収の3分の1が最高の限度だと考えておきましょう。
仮に年収が300万円の人ですと100万円が限度になるのですが、いきなり100万円の希望額を申し入れをしても、そのまま通ることはありませんので覚えておいてください。

プロミス

関連記事

  1. お金を借りる時に知っておきたい定率リボルビング

  2. 貸金業規制法って昔と今はどう変わっている?

  3. 残高スライドリボルビング方式っていったい何?

  4. ブラックリスト一旦載ってしまうと、その後は一切お金は借りられませんか?…

  5. 元利定額残高スライドリボルビング方式とは?

  6. 知っておきたいアドオン率についての基礎知識

新着記事

PAGE TOP