プラチナカードってどんなカード?基本情報まとめ

ある程度クレジットカードに関する知識がある人ならばご存知でしょうが、カードにはグレードが存在します。シルバー、ゴールドなどさまざまなグレードがありますが、プラチナカードもこのグレードの一種です。

なお、シルバーやゴールドと比較して、プラチナカードのランクが上です。クレジットカードにステータス性を求めている人が利用するのに向いているでしょう。

入手方法

比較的グレードが上でステータス性のあるプラチナカードですが、入手方法は2パターンあります。
自分で取り扱い事業者に申し込みを行い、審査を通ったあと発行されるパターンと、事業者の招待状(インビテーション)が届いて作るパターンが挙げられます。

また、プラチナカードはグレードが高いイコール年会費が高めです。万単位の金額に設定されているのですが、なかには100,000円以上の金額に設定されているプラチナカードも存在します。なお、年会費の金額が高くなっているプラチナカードほど、サービス内容が充実している傾向があります。

また、グレードが高いために審査は比較的厳しめです。年齢制限一つとってみても、30歳以上でないと申し込めないようなプラチナカードもあります。

おもなプラチナカードの付帯サービス

コンシェルジュ、国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険、航空機遅延保険、ショッピング保険、ポイント制度優遇、飲食店や宿泊施設の優待、専門誌の発行、プライリティパス、空港ラウンジの利用無料、飛行機や宿泊施設のアップグレード、医療相談受付などが挙げられます。

各プラチナカードで対応している付帯サービスが異なりますので、希望のサービスが盛り込まれているかどうか、しっかりと比較をしましょう。

なお、前述したように

  • サービス内容が厚いほどに年会費は高くなる傾向があります。プラチナカードが手に入れば付帯サービスのこだわりは別にないという人は、サービスの少ない比較的安価なカードで十分でしょう。
プロミス

関連記事

  1. 日本貸金業協会とは?

  2. 財務局長登録っていったい何?登録をしていない会社はどんな会社

  3. クレジットカードの割賦購入あっせんについて

  4. 利息制限法についての現在について

  5. 転職したばかりで社歴が短くてもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  6. すぐに借りる予定はない人でも、キャッシングのカードを作っておくことは可…

新着記事

PAGE TOP